◆ゲストテーブル装花に関する覚え書き

※このページにダイレクトにお入りの方は、一応このような前書きというか前置きをお読みください。

◇ゲストテーブルを飾る花

 ゲストの着席するテーブルの中央に飾る花です。
↓平均的なものはこういう感じです。


 「ああ、あの決まりきった花か」と思われるかもしれませんが、実はテーブル中央の花の飾り方は多様で、ざっと考えても以下のようなバリエーションがあります。

  • オアシスをセットした、オーソドックスな盛り花アレンジメント
  • オアシス無しの投入れタイプ
  • ミニブーケ仕立て
  • リース仕立て
  • フローティング(浮き花)
  • 複数の器を組み合わせる
  • ぬいぐるみなど、花以外のアイテムとともに飾る
  • ゲストに持ち帰ってもらえるお土産仕様になっている

 などなど、色んなことができます。器も、見せるのか見せないのか、見せるなら、陶器かガラスか金属か、などの要素で、印象がかなり変わります。高さの高低でも、印象は変わります。

◇ゲストテーブル装花オーダーの際の必要事項

 実際のオーダーの方法は、基本的には会場装花全般についての覚え書きを参照ください。(ゲストテーブル単体で注文することは無いと思いますので)
 ゲストテーブルに限った発注の注意点としては、
  • テーブルの形と数
  • 持ち帰りできる仕様にしたいなら、その希望
を、明らかにしてもらいたいです。

◇ゲストテーブル装花の「相場金額」は……

 相場は、8,000〜1万円くらいでしょうか。ホテルだと、1万5000円くらいのことも珍しくはありません。
 上記の金額は、1ヶあたりの金額ですので、実際には「8,000円×テーブル数」のような計算となります。仮に、8,000円で10卓ならば、8万円ですね。

 とにかく安く、と考えるなら、3,000円くらいでもできないことは無いです。しかし、3,000円まで下げるケースは少ないと思います。
 花屋さん的な感触としては
「〜3,000円」……単価の安いでなんとかせねば
「8,000〜1万円」……世の平均だね!
「1万円より上」……わりと頑張って出していただけた
と、いうような感じです。

 ゲストテーブルの装花代は、「一個の金額×テーブル数」ですので、もしも「とにもかくにも花代を抑えよう」と考えるなら、テーブルの数を減らすのも一つの方法です。ただし、テーブルの大きさと装花の大きさが吊り合っていないと、余計に寂しいと感じる印象になることもありますので注意しましょう。
 大きなテーブルに小さい花を置いても「しょぼい感」を出さない方法としては、テーブルに、空白を作らないモノの置き方をして、間を持たせていしまうという手もあります。その場合には、何か演出に関わるもので、なるべく多くの場所を取るものを置くとか、食器などのテーブルセッティングを工夫して、何とかごまかせないか会場に掛け合ってみると良いでしょう。

◇ゲストテーブル装花の「持ち帰り仕様」とは

 ゲストテーブルの装花は、ゲストが持ち帰れる、「お土産形式」に作ることもできます(最近、多くなっていると感じます)。
↓作り方は色々ですが、たとえばこのようなスタイルがそうです。


 一つのアレンジではなく、いくつかの小アレンジに仕立ててあって、器ごと持ち帰れるようになっています。
 ゲスト全員の分を作ることもありますし、ゲストの数より少なく作ることもあります(その場合は、欲しい人だけとか、女性にだけのプレゼントにするなど、どう分配するかをあらかじめ決めておく)。

 「持ち帰り可」のテーブル花というのは、正直、賛否両論のようです。私なら、喜んで持ち帰りますが、1人暮らし男性などは、いらないし、荷物になるだけと感じる人がほとんどのようです。また、地方から出席していて、その日は泊まることになっている人にも不評です。そう考えると、全員一律のお土産にはしない方がよいのかもしれません。
 花の見栄えの上でも、あまり小さく分かれたものがあるよりも、大きさのあるものの方がゴージャスに見えることが多いので、「人数よりも少ない持ち帰り可仕様」が、もっとも現実的かもしれません。(1卓に一つの装花でも、それを持ち帰り用に仕立てることはできます)

【持ち帰り仕様にする際の注意事項】
※式場提携の花屋に頼むなら、持ち帰り用のバッグに花を入れる作業なども、式場係りがスムーズに行えるように連携が取れると思いますが、外部業者がセットした装花だと、花嫁が説明しなければ、式場係りはどう動いていいのか分かりません。どのタイミングでバッグに入れるのか、誰に渡すのかをあらかじめお願いしておかなければなりません

※外部の花屋に頼む場合、持ち帰り用バッグは花屋さんが用意するのか?(サービスで付けてくれるかもしれません) 会場に頼んで用意してもらうのか?(有料だと思います) 自分たちで持ち込むのか? あらかじめ決めておきましょう。

※値段的には、持ち帰り仕様にした方が割高になります

◇参考までに、「装花倹約のセオリー」

 結婚式装花のセオリーとして、「費用を削るときには、メインテーブルとゲストテーブルは最後の砦と考えろ!」というのがあります。
 簡単に言うと、「ケチりたいなら、ほかのものからケチりなさい。なぜなら、メインテーブルとゲストテーブルの装花をケチると、会場が目だってグレードダウンするからだ」ということなのです。
 更に、メインテーブルとゲストテーブルの装花をケチる際にも優先順位がありまして、「メインテーブル→ゲストテーブル」の順にケチるのが安全とされます。
 つまり、ゲストテーブルをケチるなら、最後の最後です。意外かもしれませんが、メインテーブルよりも守るべき砦がゲストテーブルなのです。

◇ゲストテーブルの上の花装飾としては、このようなものもある

 ゲストテーブルの上の花装飾としては、中央の装花以外にもナフキンフラワーグラスフラワーといったものがあります。どちらも、やらない人はやらないので、ぜひとも付けるべき花ではありません。こだわりのある人や、花いっぱいの結婚式にしたい人は検討してみてください。
(付ければ付けたで華やかになります)

【ナフキンフラワー】
 ゲストのナフキンに飾る花。ナフキンリングのように仕立てることもありますが、数が多いためセットに時間を取られるので、ナフキンの上にポンと置いてあることの方が多いです。
 大体、花一輪(小さな花で十分)で、値段の相場は500〜2000円以内くらいだと思います。花屋さん的感触としては、2000円出す人はあまりいないと思いますね。
 元々小さなアイテムなので、どんな小さな花を置いても「しょぼい」という人はいません。むしろ、大型の花など邪魔になるので不向きです。
 大きなお金をかけるポイントでもないので、テーマに沿った花を花屋にセレクトさせれば十分だと思います。
 もしくは、ドライフラワーのきれいなものを、ドライフラワー屋さんで買ってきて持ち込んでもいいかもしれません。ナフキンフラワーは、水を持たせるようには作らないので(切りっぱなしの置きっぱなしです)、「いっそドライ」という選択肢はアリだと思います。

【グラスフラワー】
 シャンパングラスの足に付ける花です。値段的には、これも500〜2000円くらいです。やはり、花屋さん的感触としては、2000円出す人はあまりいないと思いますね。
 グラスの足にセットしなければなりませんので、これを外部業者が請け負うことは、なかなか難しくなります。(花屋が式場の係りに渡して帰るだけでは済みません)実際には、断られることの方が多いのではないかと思われます。
 グラスの装飾としては「リボンのみ」という手もあります。これなら、会場に頼むことができます。
 出席者全員分のグラスフラワーの代金と言うのは、正直バカになりませんので、「花にこだわらず、何らか装飾があればいい」という場合は、「リボンのみ」も検討してみてください。




Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.