◆メインバック装花の覚え書き

ウエディングフラワー

※このページにダイレクトにお入りの方は、一応このような前書きというか、前置きをお読みください。

◇メインテーブルの背景装花です

 メインバックの装花とは、新郎新婦の席の後ろに置いて、背景となる花です。これは、必ずしも必要ではなく、置かないカップルの方が多いかもしれません。花代を倹約したいなら、削ることも考えましょう。
 逆に、「本当にメインバックなんて要るのだろうか」くらいの気持ちでも良いくらいです。
 なぜなら、メインバックは、結構高額になるので、式場側は注文して欲しいと思っていますから、「メインバック有り前提」で話してきたりします。何も知らない花嫁は、流されて「付けるのが普通なら、私もそうします」と言わされるかもしれません。
 流されずに、必要だと思った花嫁だけが注文してください。「私の式にはこれが欲しい!」と思った人のための花です。

 メインバックの花は、一番多いのが、新郎新婦の両サイドに対になった花を置くスタイルです。そんなに小さい花を置いても意味が無いので、ある程度の大きさを出しますから、安くても2万円くらいはします(2万で済めば万々歳です)。3万円出して、ようやく「普通」くらいです。
 もっと凝った形もあり、たとえば新郎新婦の後ろに花のアーチを設置するようなこともできます。このスタイルだと、使う花の量にもよりますが、8万円から上くらい、贅沢したら、軽く10万円を突破すると思います。

 もちろん、ウエディングの花は、あればあるだけ華やかになりますから、花を印象的に使いたいとか、花のアーチは絶対欲しいと思っている花嫁なら、おすすめの装花です。ドレスを着て花を背負えるなど、実生活ではほとんどできないことなのですから。

◇メインバック装花は、よほど工夫しないと小さくならない

 メインバック装花は置くけど、値段は抑えたいという場合には、なんとか花を小さくする工夫が必要です。
 しかし、上にも書いたように、そもそもある程度の大きさがあるのがメインバックですから(背景なのですから)、ただ単に小さくするくらいなら、最初から無いほうがいいくらいのものなのです。 だとすると、花を小さくしてもおかしくないような演出を考えなければなりません。

 会場を知り尽くしている式場提携の花屋に相談すれば、ある程度のアイデアは出してもらえるかもしれませんので、相談するのは悪いことではありません。しかし、「それは難しいですね……」と言われる可能性も高いと思われます。
 式場の外部の花屋に「考えてくれ」と頼むのは、もっと難しいと思いますが、まあダメ元で聞いてみても損はありません。運がよければ、「以前、こんな方法で小さく作りました」というような、具体的な例を見せてくれることもあるかもしれません。

 花屋に頼らず、花嫁自ら工夫を考えるという手もあります。
 花の量を節約し、かつ、飾りの大きさを変えたくないときの常套手段としては、「花以外の素材で大きさを出し、花はポイントにのみ使う」という方法があります。
 この手を使って、たとえばチュールなどの生地とか、フェザーなどの素材を主に使った大きな飾りを作り、そこにポイントに花を入れるだけにすれば、かなり予算を削減できます。会場のメインテーブルの後ろのしつらえがどうなっているのかによって、できることは変わってきますから(何か置くことはできるか? 何か引っ掛けることはできるか?etc)、その会場で何ができるのかを考えましょう。
 そうなると、花嫁自身が「自分でメインバックを演出する」「金額を抑えるためには、手間は惜しまない」くらいの心意気を持っている必要があります。そういうことを考えるのが苦にならない花嫁さんには、面白く、ご自身らしい演出を模索するのも有りだと思います。

◇実際のオーダーの方法は……

 実際のオーダーの方法は、基本的には会場装花全般についての覚え書きを参照ください。(メインバック単体で注文することは無いと思いますので)

◇値段の「相場」は?

 3万円から上くらいだと思います。平均したら、もう少し高めかもしれません。8万円とか、10万円という値段も珍しくはないので……。
 値段の設定は、メインテーブル装花とは、かけ離れたものにしないほうが良いと思います。同じメインテーブルを彩るものが、明らかにグレード違いだとチグハグになります。そういうとき、なぜか人は値段の低いほうが目に付くらしく、「バックの花がさびしい」「テーブルの花が小さい」という、「しょぼい感」の方が印象に残ります。



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.