◆メインテーブル装花に関する覚え書き

※このページにダイレクトにお入りの方は、一応このような前書きというか前置きをお読みください。

◇メインテーブルの花

メインテーブル装花

 花嫁と花婿が座るメインテーブルの花は、厳密に「こんな風に飾れ」という決まりなど無いと言えばないのです。
 しかし、大抵の結婚式では、低めのアレンジを、テーブルの中央前方に1点か、テーブルの「真ん中・左・右」の3点に飾る形式になっています。
 「テーブル前方に低めのアレンジ」というのは、一般の人は、よく記者会見などで見るような花で、要するに画像のようなスタイルです。(余計な情報かもしれませんが、当サイト内のこちらのページ:アレンジベース で、このようなテーブル装飾花がどんな仕掛けで作られているかを紹介しています。画像も有り)


 メインテーブルの装花は、現在では8万円くらいから上が多いです。安く抑えても、画像のようなスタイルを守りたいなら、最低3万円くらいはかかると思ってください。(画像のような、「一般的な形式」を潔く捨てるなら、もっともっと下げることもできます)
 花屋さん的には、

「8万円より下」……抑えたな〜
「8万円前後」……どんぴしゃ「相場」ですね
「10万円超え」……頑張るなあ

というくらいの感触です。

 当然ですが、装花が大きいほど、金額は高額になります。つまり、メインテーブルに仲人さんが付く場合、その分テーブルが大きくなりますので、花も大きくなり、値段も多くかかることになります。大きなテーブルに小さな花がポソっとあるのは、最もしょぼく見えるパターンですので、なかなか「小さくてもいい」というわけにはいきません。
 よって、メインテーブルの花代を抑えようと思えば、「仲人は立てないほうが良い!」ということになります。(こんな理由で仲人を立てない人はいないと思いますが……)
 また、仲人さんがいるいないに関わらず、テーブルが大きいほうが花代を抑えるのは難しくなるので、いたずらに大きいテーブルにはしないほうが良いです。

◇実際のオーダーの方法は……

 実際のオーダーの方法は、基本的には会場装花全般についての覚え書きを参照ください。
 メインテーブルに限った発注の注意点としては、
  • テーブルの大きさ
  • 仲人さんが同席かどうか
を明らかにしてもらいたいです。

◇参考までに、「装花倹約のセオリー」

 結婚式装花のセオリーとして、「費用を削るときには、メインテーブルとゲストテーブルは最後の砦と考えろ!」というのがあります。
 簡単に言うと、「ケチりたいなら、ほかのものからケチりなさい。なぜなら、メインテーブルとゲストテーブルの装花をケチると、会場が目だってグレードダウンするからだ」ということなのです。
 更に、メインテーブルとゲストテーブルの装花をケチる際にも優先順位がありまして、「メインテーブル→ゲストテーブル」の順にケチるのが安全とされます。
 つまり、メインテーブルをケチるなら、最後から二番目です。

【関連記事】



Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.