◆花嫁が手作りできるウエディング・フラワー:ウエルカムボード

※このページにダイレクトにお入りの方は、一応このような前書きというか、前置きみたいなものをお読みください。

※フラワー製作未経験の方にも役立てていただける情報です。

◇一番手作りしやすいのは、ウエルカムボード

  多分、ウエルカムグッズの中で、一番手作り経験者が多いのは、ウエルカムボードではないかと思います。
 「ボード」の板になるものは、ホームセンターなどで入手し(額を使ったり、各種の化粧ボードを使ったり、鏡を使うこともある)、飾りは文房具店・手芸店などで買ってきて(100円ショップも活用できる)、紙に印刷したものを貼るなら、家のPCとプリンタで作れます。
 簡単に入手できるものだけで、素人でも十分に体裁を整えられるでしょう。そして、ここまでの製作は、以外に男性が喜んでやってくれることがあるそうです(ウエディングの手作りもので、男性がノリノリで作ってくれるものは貴重です)。

 そのように作ったボードに花を飾るとなると、やはり便利なのはプリザーブドフラワーです。プリザーブドフラワーなら、あらかじめ作っておけますので、忙しくなる前に作って保管しておくと良いでしょう。また、ボードという、平面的なものを飾りつけるときには、水を持たせなくて良いプリザーブドフラワーの方が、自由な扱いができて使い易いです。
 花嫁が、フラワー製作の経験者で、当日に生花のウエルカムボードを作る段取りも手間もわかったうえで、「それでも生花を飾ろう」というなら、その方が良いと思いますが、生花に大きなこだわりが無いなら、安全なのはプリザーブドフラワーです。

スポンサーリンク

◇プリザーブドフラワー初心者なら、手作りキットが便利

 ウエルカムボードも、リングピローと同じくらいに市販の手作りキットが豊富です。
 とにかく手っ取り早く自作したいなら、自分の好みにあった自作キットを探しましょう。多くの商品が、プリザ初心者でも作れるものになっています。

 たとえば、以下のような商品が、素人でも比較的簡単に作れるプリザ・ウエルカムボードです。
ウェルカムボード 手作りキット【プリザーブドフラワー】
プリザーブドフラワー ・スクエアボックス和装 ウェルカムボード 【手作りキット】
印象的なウェルカムボードでゲストをお出迎えした後は、大切な方へサプライズギフトとして。

 上で紹介した手作りキットは、すべて「ボンドで貼ればいい」商品です。普通、プリザーブドフラワーのアレンジなど作る際には、テーピングやワイヤリングの技術を駆使しますが、そういう手間のかかることはせず、「くっつければよし」ですべてを乗り切れる商品を選ぶと簡単です。
 ただし、「くっつければよし」の商品の中にも、「くっつけ」が微妙に難しいものもあります。
↓たとえば、このようなタイプは、なかなかどうして仕上げるのが難しいのです。
ウェルカムボード/手作り
プリザーブドフラワー ウェルカムボード 手作りキット

 上の二商品は、プリザフラワーを、まん真ん中に、きれいな形でそろえてくっつけなければなりません。
 このタイプの製作は、形がちょっと崩れると、なんかオカシイと感じるものになります。ゲストがオカシイと感じなくても、作った花嫁が一番「オカシイ」と感じて後悔したりするので、ど素人の方にはあまりおすすめしません。
 また、周りに枠が無いところに、接着になれない人がくっつけると、最悪、式の当日に花がはがれて落下するおそれがあります。
 上のブロックの、「これなら比較的簡単」と紹介した商品を見てください。すべて、花の配置は直線的か、枠の中にびっしり埋め込み式で、しかも花をガイドするものが必ず存在しています。
 このような、「ただ並べればOK!」「最初からできている空間に埋め込めばOK!」「花が枠からぽつんと離れている状況を作らない」の3点を満たしている商品を選ぶようにすると良いと思います。

◇初心者向けの「プリザ・ウエルカムボード手作りキット」の選び方

 上の項の最後に書いた3点のほかにも、下記のような、初心者さんにも簡単に作れる手作りキットを見分ける方法があります。

  • 明確に「初心者OK」と書いてある
  • 「目安製作時間 約1時間」とか、早くできることを謳っている
  • 花を付ける作業は、接着のみ
  • セットの内容に「ワイヤー」が無い(つまり、製作にワイヤリングが不要である)
  • 「製作にグルーガンが必要」と書いてあるものは避ける
  • 見るからに、作りこんだ形の出来上がり写真で、「絶対的に無理」と思うものは避ける

 身近にプリザ経験者がいるなら、「このくらいなら私でもできると思う?」と聞いてみましょう。

◇プリザど素人の方が、手作りキットで製作する際の注意点

 プリザの製作経験のまったく無い方で、生まれて初めて「プリザつきウエルカムボードを自作しよう」という方は、

  • プリザ花材を手荒く扱わないこと(花弁が切れたり、つぶれたりします)
  • 花の数は、なるべく少なくする方が簡単
  • ボンドを、うっかり花弁に付けないこと
  • 日にち、時間に余裕を持って作り始めよう
  • 作り上げたら、式当日まで箱などに入れて保管し、むき出しでその辺に置いておかない

の、ようなことを気をつけると良いと思います。
 このようなことを書くと、「難しいの?」と萎縮する方がいるかもしれませんが、簡単な手作りキットは、小学校の図工レベルでできますので、安心してください。モノ作りが得意な人なら、「これだけ?」と拍子抜けする程度の手間かもしれません。
 拍子抜けしたり、作っているうちに「もっと色んなことができる」と自信を持ったら、自分なりに飾りを増やしたりしてみるのも楽しいでしょう。

◇花のことは別にしても、手作りキットにはメリットがある

(ちょっと、花話題から離れます)
 ウエルカムボードの手作りセットは、大変数多く販売されています。大抵の式場には、ウエルカムボードを頼めるのに、です。ということは、手作りすることに大きなメリット必ずあるわけです。
 すでに、見積もりなどを見ている花嫁なら当然分かると思いますが、式場にウエルカムボードを頼むと、平均でも2万円くらいするんですよね。それを、手作りセットで作れば、数千円くらいにまで出費を抑えることもできます。
 手作りセットの中にも、高額のものはありますが、安さ重視で探せば、本当にシンプルなものが千円台からあります。そういうものを買って、シンプルなままで使っても良いですし、自分なりの装飾を足して使っても良いでしょう。

 更に値段のことを言いますと、「手作り」ではなく、「完成品」のウエルカムボードも、2万円より安いものがいくらでも巷に存在します。色んなデザインのものがあるので、好みのものを探せば、式場が用意したボードよりも、「安いうえに自分らしい」ものをゲットできる可能性が高いです。

 ここで、更に脱線して「完成品」の話しをしますと、プリザ・ウエルカムボードの完成品というものも、もちろん販売されています。
プリザーブドフラワー★お好みの色で♪ウエディング
枯れない花プリザーブドフラワーのウェルカムボード

 プロが作った、完成品のプリザ・ウエルカムボードでさえ、2万円を下回るものが多いのです。自分で作る気は無いけど、プリザで飾ったウエルカムボードに興味あり、という花嫁さんは、「高い?」と思わずに探してご覧になるといいです。
 また、「プリザ・ウエルカムボード手作りキット」には、「完成品の購入可」の場合がかなりありますので、このボードが気に入ったけど、自分で作るのは……と悩んだら、ショップで確認してみるといいです。ネットショップであれば、完成品でも売りますというショップは、「手作り」と「完成品」を選択できるようになっています。

◇プリザ経験者なら、作り方は限りなく自由に!

 プリザ製作経験者の人は、平面的に飾るスタイルを色々と知っていますから、自分の持っている製作スキルとデザイン・アイデアを駆使して、自由自在に好きなものを作れると思います。
 経験者はよくご存知のことかと思いますが、たとえば以下のようなスタイルが考えられます

  • ボードの周りをプリザで飾る
  • 額の中をプリザで埋める
  • 普通のフレーム入りプリザを作り、ブライダル風の装飾を加えてウエルカムボードに仕立てる
  • 自立型のリースを作り、リースの中央にメッセージや二人の名前を書いたボードを入れる
  • 横長のプリザアレンジの中に、軽い素材のボードを立てる
  • ボードにびっしりとローズ・プリザの花弁を貼り付ける
  • 丈の高い器にプリザアレンジを作り、細工でボードを吊るせるように仕立てる
  • 大きなお皿状のもの(ボードでも、器でも)をプリザで飾りつけ、「お皿立て」で立てる

 どのくらいの手間とお金をかけるかは、花嫁の好きなようにすることができます。
 また、ブライダルの装飾をはずせば、普通のアレンジメントになるようにあらかじめ作っておけば、式の後には普通の飾り物にしてしまうことができます。

◇プリザ経験者にも、手作りキットは便利に使える

 プリザ経験者にも、手作りキットは役に立ちます。
 プリザの花材や資材を、自分で仕入れている人なら分かると思いますが、必要なものが一まとめで入手できるのは、花材に無駄が出なくて助かります(花材の無駄って、積もり積もるとバカになりません)。手作りキットなら、容器やリボンなども、大口買いする必要はありませんし、とにかく色々な手間が省けます。
 そして、経験者なら、キットをベースにして、かなり自由にアレンジを加えてしまうことができます。手元にある花材や資材をどんどん足してしまうこともできるので、出来上がってみたら、元の商品の面影も無いというものさえ作れます。
 ベースができている気楽なところから、自分のアレンジで発展させていきたい人には、悪い方法ではありません。

【関連記事】

Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.