◆花嫁が手作りできるウエディング・フラワー リングピロー

※このページにダイレクトにお入りの方は、一応このような前書きというか、前置きみたいなものをお読みください。

◇リングピローは、手作りブライダル小物の筆頭アイテム

 リングピローが、代表的な「手作りブライダル小物」である理由は、手ごろな大きさで、特殊なことさえしなければ値段もあまりかからず、作業も難しくないためでしょう。

 リングピローに花を添えるなら、プリザーブドフラワーが便利です。
 生花の場合、花嫁がフラワー製作経験者で、やる気さえあるなら、式の当日(もしくは前日)にプチブーケなど作ってリングピローに添えるとか、ボックスにフラワーアレンジを挿して、その中にリングピローを設置するように仕立てるとか、色々考えればできることはできます。しかし、花嫁の負担が大きいので、当日の面倒を楽しめるくらいの余裕がある人でないと、おすすめはいたしかねます。
 その点、プリザーブドフラワーなら、あらかじめ作っておけばいいので、当日の負担や面倒はありません。

◇とにかく簡単に「プリザーブドフラワー付きのリングピロー」を作るなら

 簡単にできるのが一番!と思っている花嫁は、手作りキットを利用するのが便利です。
 プリザーブドフラワー付きの手作りキットは、プリザ初心者も簡単に作れるものが多いです。面倒なワイヤリングやテーピングも要らず(初心者用に、テーピングを済ませてあるセットもあります)、決まった場所に接着剤で花をくっつければすべてが完成するようになっているものが多いからです。
 初心者でも大丈夫なキットは、下記のような点を見ればおよそ判断できます。

  • 明確に「初心者OK」と書いてある
  • 容器の中に花を詰め込む形式のものは、比較的簡単に作れる
  • 花一輪を、ポイントに付けるだけ
  • 「目安製作時間 約30分」とか、早くできることを謳っている
  • セットの内容に「ワイヤー」が無い(つまり、製作にワイヤリングが不要である)
  • 「製作にグルーガンが必要」と書いてあるものは避ける
  • 見るからに、作りこんだ形の出来上がり写真で、「絶対的に無理」と思うものは避ける

 身近にプリザ経験者がいるなら、「このくらいならできると思う?」と聞いて見るのが一番早いでしょう。
 例として、初心者にも簡単にできる手作りキットを挙げてみると、下のようなものになります。

枯れない魔法のお花のプリザーブドフラワーだからお式の後も新居に飾って楽しめる♪
オフホワイトかベビーピンク、お好きな色を選んでね♪ リングピロー 手作りキット
Happiness☆幸せに満ちる花嫁のスィートリングピロー

 キットの内容を見て、自分なりのアレンジができそうだと思ったら、装飾(リボン、レース、デコパーツなど)を足してみたりしてもいかもしれません。

◇プリザど素人の方が、手作りキットで製作する際の注意点

 プリザの製作経験のまったく無い方で、生まれて初めて「プリザつきリングピローを自作しよう」という方は、

  • プリザ花材を手荒く扱わないこと(花弁が切れたり、つぶれたりします)
  • 花の数は、なるべく少なくする方が簡単
  • ボンドを、うっかり花弁に付けないこと
  • 余裕を持って作り始めよう(たとえ、「10分でできる」と書いてあっても)
  • 作り上げたら、式当日まで箱に入れて保管し、むき出しでその辺に置いておかない

の、ようなことを気をつけると良いと思います。
 このようなことを書くと、萎縮する方がいるかもしれませんが、簡単な手作りキットは、小学校の図工レベルでできますので、安心してください。モノ作りが得意な人なら、「これだけ?」と拍子抜けする程度の手間かもしれません。

◇プリザ経験者なら、自由自在に作れる

 リングピロー自体の自作経験が無くても、プリザを扱い慣れている人なら、自分のアイデアだけで自作してしまうことも可能だと思います。安くてかわいい花材を自分で選んで購入し、花以外の資材もフラワー資材屋の卸値で買ったりすれば、見た目よりもずっとお安い値段でできてしまうでしょう。また、式の後に、一般的なプリザーブドアレンジにリフォームできるようにしておけば、飾り物として長く楽しめます。

 デザインのアイデアが豊富な人なら、自分のイメージだけで何とでもなると思いますが、何か手本が必要な人は、ブライダル雑誌の小物特集のようなところを見て、イメージを拝借してきましょう。
 又は、プリザ雑誌やプリザのハウツー本に、リングピローの作り方の紹介があれば、それらを参考にしてみましょう。
 もしくは、資材を先に見て、「これをどう使おうかな」と考えるところから始めてもいいです。

 たとえば、リングピローに使う、このようなクッションがあります。
ピロー
↑この形から、どんな枠を用意して、どんな花や、リボンや、デコパーツを使おうかと考えていくのも楽しいです。

 プリザ作りが好きな人は、手先が器用で手作りアイデアが豊富な人が多く、プリザ展覧会などで、相当凝った作りの(彫刻レベルに凝った作りの)作品など見ている人も多いですから、人がアッと言うような、たとえば「ワイヤーで作ったスカイツリーを、プリザで装飾し、その天辺にリングを掛ける場所を付ける」みたいなこともできるかもしれません。プリザ友達をたくさん呼んでいるなら、仰天の大作を作ってみてもいいのではないでしょうか。

◇プリザ経験者にも、手作りキットは便利に使える

 プリザ経験者にも、手作りキットは役に立ちます。
 プリザの花材や資材を、自分で仕入れている人なら分かると思いますが、必要なものが一まとめで入手できるのは、花材に無駄が出なくて助かります(花材の無駄って、積もり積もるとバカになりません)。手作りキットなら、容器やリボンなども、大口買いする必要はありませんし、とにかく色々な手間が省けます。
 そして、経験者なら、キットをベースにして、かなり自由にアレンジを加えてしまうことができます。手元にある花材や資材をどんどん足してしまうこともできるので、その気になれば、「ここまで豪華なものが、手作りキットのはずはない」くらいのレベルに引き上げられます。
 ベースができている気楽なところから、自分のアレンジで発展させていきたい人には、悪い方法ではありません。

◇「器用なプリザ初心者」なら、手作りキットの力を借りなくてもできる

 「まったくのプリザ素人だけど、オリジナルのプリザ付きリングピローが作りたい……」という場合も、簡単な作業で済ませられるデザインにするなら、できないことはありません。特に、手先のことが得意で、素材の扱いの飲み込みが早い人は、造花を扱うようにプリザも扱ってしまえます(複雑なことをしないなら)。
 最近は、ハンドクラフト店で、プリザ花材の少量売りをしていますので、それを買ってきて付けたい場所に付けましょう。1〜3輪くらいを、ボンドでくっつけてポイントにするような使い方なら、およそ大丈夫です。
 ただし、プリザは生花とも造花とも違って色移りすることがありますので、布類に花が触れるような使い方は避けましょう。
 「色移り」と聞いて、不安になる人はやめた方がいいかもしれません。その場合には、造花が嫌いでないなら、造花の方が安全です。




Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.