◆花嫁が手作りできるウエディング・フラワー(演出・小物など)

※このページにダイレクトにお入りの方は、一応このような前書きというか、前置きみたいなものをお読みください。

手作りのウエディングフラワー

◇手作りすれば、節約にもなり、オリジナリティも出せる

 ウエディングには、花を使う演出や小物が色々と登場します。また、特に花を使うのがデフォルトでもなんでもないシーンにも、花嫁の趣味でいくらでも花を添えてしまうことができます。

 たとえば、ウエルカムボードには、花を付けることが決まりではありませんが、付ければそれだけ華やかになります。付け方も色々で、シンプルにグリーンと花一輪を添えるのもいいですし、ボードが埋もれるくらいに花を盛り上げたっていいわけです。

 しかし、当然のことながら、花を使えば使うほど、お金がかかります。生花はもちろんですが、プリザーブドフラワーでも、あまり生花と変わらないお金がかかります。
 もしも、花嫁さんが手作り大好き派なのであれば、材料をそろえたり、手作りキットを購入するなどして、自分で手作りすると、多くの場合、プロに依頼するより安く済くみます。花嫁本人が心をこめて手作りすることで、良い思い出にもなり、ゲストを温かく迎えることにもなると思います。
 もちろん、「経費の節約など関係ない! 好きなように結婚式を彩りたい」という場合には、凝りに凝った材料をそろえ、よそには無いフラワーアイテムを作り、ゲストも花嫁自身も大喜び、という路線もアリです。特に、花飾りの分野で長く勉強した花嫁や、「大の花好き」で通っている花嫁なら、独自の花アイテムを導入することによって、その人らしいオリジナリティある結婚式になると思います。

スポンサーリンク

◇どんなフラワーアイテムが手作りできるのか?

 ウエディングのフラワーアイテム(演出や小物)で、手作りできそうなものをざっと以下に記してみます。

※経験者でないと難しいものも含めました
※リンク先ページに、更に詳しい情報があります
 上記の中で、一番簡単なものはリングピローウエルカムボードだと思います。少し雑誌など読んだ花嫁さんなら、ハンドクラフトのお店に、いくらでも手作りキットが売っていることをご存知だと思います。
 一番難しいものはブーケ、次がフラワーケーキでしょうか。これは、フラワーアレンジか、プリザーブドフラワーを習っている人向けになります。
 上記のものの手作りについて、詳しくは別ページで解説していますので、上のリストの中から、作ってみたいものをクリックしてみてください。

贈り物のコンシェルジュ リンベル

Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.