ケーキ装花 ケーキナイフ装花

◆ケーキ装花に関する覚え書き

※このページにダイレクトにお入りの方は、一応このような前書きというか、前置きみたいなものをお読みください。

◇ウエディングケーキ装花は、基本的には「会場装花」の一つである

 町の花屋さんには、ウエディングケーキ装花の仕事はあまり舞い込んでこないものです。ということはつまり、ほとんどが式の会場提携の花屋さんでまかなわれているのでしょう。式場には、「ブーケはいいが、会場装花を外部業者に頼むのは禁止」としているところも多いですので、無理もないことです。

 しかし、式場プランの「会場装花代」には、ケーキ装花の代金が含まれていることは稀です。しかも、含まれていたとしても、「お義理で花を添えました」みたいなものも多いのです。
 よって、プランに無いケーキ装花が欲しい花嫁は、追加発注しなければなりませんし、プランの花では不満な花嫁は、グレードアップをしなければなりません。

※式場によっては、ケーキ装花の代金が「ケーキ代」に含まれていることがあります。その際にも、どの程度の花を飾ってもらえるのかを確認しましょう。また、ある程度の希望を言えるのか、完全おまかせ制なのかも聞いてみましょう。サンプルなど見て、ボリュームが足りないなどの不満があったら、「ケーキはそのままで、花のみグレードを変えることができるかどうか」なども聞いてみましょう。(黙っていると、ケーキ装花のツっこんだ内容を詳しく説明してくれる式場は少ないのです)

スポンサーリンク

◇ケーキ装花をしない人は「少数派」である

 最近では、ケーキ装花をしない人は珍しいくらいだと思います。
 花のボリュームは様々で、グリーンをポイントにあしらう程度にすることもあれば、ケーキの周りをあふれるほどの花で飾る人もいます。(ケーキカットは撮影ポイントになるので、ここで頑張る人は多いです)
 しかし、まったくの「無」の人は相当少ないと思います。私自身の納品記憶と出席記憶をたどっても、1組だけです(その1組は、完全に手作りの式で、まるでおうちのリビングでお誕生会をするような素朴なものでした)。
 なので、「どうしてもケーキに花はイラナイ」という花嫁以外は、一度は「ケーキ装花もしよう」という方向で考えた方が良いと思います。考えた末に、「これは、私たちには不要だ」と思えば、省くのも二人の個性です。こだわりが無いのでどっちでもいい、普通がいいな、と考えているのであれば、「した方が普通」です。

 なるべく花代を節約したいのであれば、造花という手もあります。造花なら、値段は相当抑えられます。

◇ケーキ装花をオーダーするときも、式や会場の「テーマ」は大切

 ブーケ会場装花のページでも解説しましたが、式や会場に特定のテーマがあるなら、ケーキ装花のオーダー時にも申告してください。
 式場の提携花屋であれば、式場のコーディネーターから聞くこともできますが、外部の花屋に頼むときは、花嫁さんが教えてくれないと何も分かりません。ケーキ装花は、作ったモノを持って納品に出向くので、現場でちょちょっと雰囲気を直せるようなものではありません。「ケーキ周りだけ変だった」と言う結果を生まないために、ぜひ教えてください。

◇町の花屋さんにケーキ装花を頼むなら

 ケーキ装花のみを、町の花屋さんに頼むケースは少ないと思います。多くは、会場装花全般の納品を注文し、その中にケーキ装花も含まれている、というオーダーになると思います。
 しかし、ここではケーキ装花のオーダーに必要な情報のみ、書き出してみましょう。

  • ケーキのサイズ(高さも!)
  • ケーキの色
  • ケーキの形(丸とスクエアでは、用意する資材が違うことがある)
  • あれば、ケーキのサンプル写真。無くても、せめて似たようなケーキの写真
  • ケーキはどんな体裁で置かれるのか(どんな台の上で、会場のどこに?)

 情報は、詳しければ詳しいほど良いです。

◇たとえば、こんなケーキ装花がある

 例として、いくつか画像を貼ってみます。
ケーキ周り 花

 基本的には、ケーキの周りを飾ることになります。


ケーキの両サイドとか、ケーキ周りを一周とか、ケーキの前半分を囲むとか、色々な方法があります。高さも花の量も色々です。



 思い切ってシンプルに、「グリーンのみ」でも素敵です。



 無機的に見えることもあるタワー型ケーキにも、装花でぬくもりを添えることができます。



◇ケーキに直接花を飾ることもできる

 ケーキ周りではなく、ケーキ本体のデコレーションに花を使うこともあります。
↓たとえば、こういうケーキです。


 実は、このタイプの「装花」は、ケーキ職人さんの領域の仕事でして、花屋はノータッチです(求められれば、花材だけを納品します)。なので、私はあまりこの手のケーキ装花には詳しくなく、「本当に食べる生ケーキはエディブルフラワーで作って、食べないハリボテケーキは花屋経由の花を使うのかな?」と思っていますが、あまり断定的には言えません。
 このような花のケーキは、花屋から見てもとってもステキだと思います。パティシエさんは、さすがにデコレーションのセンスもあるので、花の色あいなどをキレイに操ります。

◇フラワーケーキでケーキカットをするカップルもいる

 当サイトのほかのページでも度々紹介しているフラワーケーキ(花を、ケーキのように形作ったフラワーアレンジメント)を、ケーキカットに使うケースが最近見受けられるようになりました。

↓このようなフラワーケーキを、ウエディング仕様にしたものを用意します。


 フラワーケーキは、男性とか、女性でも普段は花に興味が無いような人だと、まだまだ「見たことも聞いたことも無い」という人がいます。そのため、ケーキ入刀でこれが登場すると、オドロキとカンゲキとショウゲキを受けるかたもいらっしゃって、イベントとしてはなかなかインパクトがあるものになりそうです。また、花嫁さんが花好きの人であれば、その人らしい演出になります。

 式場提携の花屋がフラワーケーキを作ってくれるなら(扱わない花屋もあります)、そこに相談すればいいですし、持ち込みOKの会場なら、希望の花屋に頼んで当日納品してもらうこともできます。

 値段は、大きさによってかなり異なりますが、2万円よりも下にしようとすると厳しいと思います。2段や3段にした場合、イミテーションケーキよりも高くなることも珍しくありません。ただし、ケーキ周りの装花が要りませんので、「イミテーションケーキ+ケーキ装花」で、一般的に2万円〜くらいの値段になることを考えると、必ずしも割高ではありません。

※見上げるようなタワーケーキにしたい場合は、普通のイミテーションケーキを使いましょう。生花で作ったら破産します。

◇ケーキ装花の相場値段

 ケーキ装花は、およそ1万〜3万くらいの値段が相場と言えると思います。式場提携の花屋なら、平均的に2万円くらいでしょうか。町の花屋に頼むなら、1万〜1万5000円くらいが平均だと思います。

◇ケーキナイフの装花も頼める

 ケーキナイフにも、花を付ける人の方が多いです。
↓こういうものです。


 ケーキナイフ装花は、圧倒的に「3000円で」というパターンが多いです。5000円も出す人はあまりいません。
 ケーキナイフ装花は、無いとおかしいというものではないので、省く方もいますが、そういう場合でも、リボンを付けるなどして、「何もついていないナイフのみ」ということはあまりありません。
 ケーキ入刀の記念写真に残りますので、ポイントになるものを何か付けると良いと思います。花代は節約したいという場合も、せめてリボンは欲しいところです。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.