◆花屋さんに就職する =臨時スタッフ編=

花屋さんに就職する:臨時スタッフ編

 花屋さんには、いわゆる「物日」というものがあります。物日とは、母の日や、学校の卒業式が集中する日や、クリスマスなどの、売り上げが跳ね上がるイベント日のことです。
 そのような日には、いつものスタッフの数では店を回せなくなるので、物日対策だけの臨時スタッフ=短期バイトを募集することがあります。

スポンサーリンク

 真剣に仕事探ししている人には、「短期の仕事はちょっと……」という考えの方もいると思いますが、花屋の仕事をわずかでも経験したい方(仕事をきちんとしてくれるなら、興味本位でも結構!)、学生や主婦で、長期の仕事をし難い方など、それぞれの理由で短期の仕事を探しておられる方は、忙しくて死にそうな「物日花屋」の助っ人になってみてはどうでしょう。

 「物日」に限らず、たとえば店舗の移転とか、スタッフの急な入院などで、一時的に人を採りたい店も存在しますので、臨時=短期スタッフを望む方は、探してみる価値はあります(求人の数自体は、そんなに多くはありませんが……)。
 花屋の短期の仕事は、雇う側が「経験不問」としている場合には、「花屋さんで働きたいけど、1回様子見したい」と思っている人にもおすすめです。

◇臨時=短期スタッフの仕事は、基本的には「経験者」が望まれるが……

 上にも書いたように、花屋が短期スタッフを求めるのは、「瞬間的に忙しいので、助けて」というときです。なので、ゆっくり仕事を教えて育てようという思想では雇いません。ということは、「経験アリ」の人の方が、雇う側はありがたいのです。(正社員にしろ、長期バイトにしろ、花屋の仕事は経験アリの方が圧倒的に採用される率が高いです)

 しかし、猫の手も借りたい状況の花屋では、「どんなやつでもいいから、一番最初に来た奴を採用し、すぐさま働いてもらおう」という採り方をする場合もあります。そういうときには、「未経験」の人でも喜んで迎え入れられます。
 店は、「未経験」の人を、大抵そのまま店に出します。事前研修など、有るとは思わないほうが良いです(そんなものがあるのは、よほどの大企業です)。そのかわり、いきなりアレンジを作らせたりすることはなく、技術が無くてもできることから手伝わせていきます。
 店によっては、最初から最後まで、菊の葉っぱ取りや、掃除や、鉢ものの水やりしかさせず、世間的には最も花屋さんの仕事らしい「花束製作」には手伝いすらさせないこともあります。しかし、当然と言えば当然のことでもあります。短期の仕事は、あまり夢を見ないで引き受けた方が良いでしょう。(雇ったその日から、「花束作れ」と言われる店もありますので、実際に何をさせてもらえるのかは、各店舗によって完全に異なります)

◇臨時スタッフ=短期バイトの募集は、母の日前と12月前に最も集中する

 上にも書いたように、短期スタッフは、物日対策として採用する店がほとんどです。花屋の最も忙しい季節は、「母の日前」と、「12月」なので、その少し前くらいに求人を探し出すと良いでしょう。母の日スタッフは、早い店だと、3月頃から求人を出し始めます。暮れの繁忙期は、11月末〜12月初旬くらいに求人が出揃うように思います。

 求人広告に応募する以外にも、仕事をゲットする方法はあります。
 飛び込みでバイト志願する方法を試したいなら、ぜひとも物日スタッフ狙いで試してください。アルバイト編の最後に書いたように、店舗に飛び込みで「雇ってください」とお願いする方法の成功率は、本来は激低いものなのです。
 しかし、死ぬほど忙しい時期の直前であれば話は少々別で、「母の日の週だけ頼もうかな」とか、「12月いっぱいならお願いしたい」と言ってもらえる可能性はあると思います。

 学生さんだと、夏休みバイトが一番しやすいかもしれませんが、夏の花屋はあまり人を増やしません。私が思いつく夏の短期バイトのタイミングは、お盆くらいしかありません。
 お盆のバイトだと、仏花の束作りや菊の葉っぱ取りで一日終わる可能性が高く、「憧れの花屋さん」とはほど遠い業務になることも考えられますが、それも花屋の経験です。近くに霊園がある花屋だと、かなり忙しい業務になり、短期であっても水揚げの手が早くなるかもしれません。

◇臨時=短期スタッフから、長期スタッフになることはできるか?

  短期スタッフから、長期スタッフになる道は、私はアリだと思います。なぜなら、そういう人を、数人見ているからです。もしかすると、店長やオーナーには、短期スタッフは「長期のプレで雇ってみよう」みたいな意識があるのかもしれません。(事前に「良い人だったら、長期でお願いしよう」と言っているのを聞いたことは無いんですけどね)

 物日の働きを見て、「このまま、スタッフになりませんか」と言ってもらえる人は、店に馴染み、誠実で、嬉しくない作業から逃げるようなずるさの無い人です。

◇臨時=短期スタッフの業務はキツイと思うべし

 短期スタッフの採用面接では、コマネズミのように働く熱意があることを伝えましょう。だって、忙しくてこのままだと店員一同死ぬかも!って思うから、臨時のスタッフさんを雇おうと考えるのですよ。なので、業務は楽ではないです。あらかじめ、覚悟しておきましょう。

 繁忙期が過ぎても、このまま長期で雇われたいと思うあなたは、自分がどれだけ働き者であるかを、日々の業務の中でアピールしましょう。

 繁忙期の濃ゆい業務を体験できることは、花職人になる上では非常にためになります。私は、母の日だけ頼んだ素人のバイト君が、お客さんの行列をさばくために、できもしない花束を無理やり作っているうちに、1日足らずで立派な5000円束を作れるようになってしまった例を実際に見ています。

 たとえ、短期バイトで契約を終了しても、業務経験は必ず役に立つはずです。しっかり自分の糧にしましょう。
 花屋さんの短期バイトの募集は、店頭広告・折込広告・ネット広告などで探すことができます(数は少ないですが)、こまめにチェックしておくと良い情報がゲットできる可能性もあります。(参照:花屋さんの忙しカレンダー
 就職情報サイトの情報は、下記の「参考 その1」をご参考に。

◇参考 その1

 ↓に、ネットで花屋さんの就職情報を探せるサイトを集めてみました。が、花屋さんの求人数は、多いとは言えません。いいものは早い者勝ちですよ!

【1】ジョブセンス 花屋
 花屋の求人件数が比較的多いので、それに比例して短期の仕事の掲載も多いです。
【2】全国のバイト情報を一括検索!インディビジョン[バイト]
 短期バイトの情報が充実しています。
【3】シゴトinバイト 花の短期バイト
 常時、花屋の求人が出ています。短期バイトは、2〜3件ヒットします。
【4】アルバイトなら「街わーく」へ
 ショップ系の求人が充実しています。短期バイトも探せるので、まずは短期で様子を見たい人は、花屋の繁忙期前(母の日前や、11月下旬)頃に短期バイトを探してみましょう。

 花屋さんの求人を見つけるコツは、まめに訪問して探すことと、ワード検索のあるサイトなら、複数の検索ワードをためしてみることです。(「フラワーショップ」で0件でも、「フローリスト」なら1件ヒットする、なんてこともある!)

◇参考 その2

花屋さんになりたい人のためのブックショップ


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.