◆花屋さんに就職する =アルバイト編=

花屋さんに就職する:アルバイト編

 花屋さんの仕事は、正社員よりも、むしろバイト君で回っている感があります。花屋人口も、求人の数も、正社員よりもバイト君の数の方が、圧倒的に多いのです。
 現在の日本の花販売の現場は、ギャラの安いバイト君の労力で支えられていると言っても良いと思います。

 そんな、花屋の雇用形態の王道とも言える、アルバイトの求人・求職について紹介します。

スポンサーリンク

◇花屋アルバイトの仕事は、どこで見つける?

 そもそも、募集はどこで見つければいいのでしょう? 知人の紹介を除くと、

1 求人情報誌
2 店頭広告
3 折込広告、ネット募集
4 店舗に飛び込みで志願


 こんなところです。上記のうち、私が多用したのはでした。情報誌の掲載料は、なかなか高額ですから、しっかりした店舗が本気で人を雇いたがっている証明と言えます。
 欠点は、多くの人が見て応募して来ますから競争が激しいことです。実際に、2名程度募集のところに60名くらい応募してきたりするのです。(花屋さんは、何気に憧れの職業なので)倍率30倍くらいは、結構あたりまえの数字です。残りの29人を蹴落とすには、よほど上手く自己PRしなければなりません。

 は、日ごろからこまめに情報チェックをしておくことです。自分の好みの店舗の求人募集が出ていたらしめたもの。店頭広告なら、見つけたその場で入って行って、「表の募集を見たんですが」と言いましょう。その場がポイントですよ。明日来ても間に合わないと思うべきです。花屋の人気、あなどるべからず。

 即実行の精神は、ネットや折込広告でも同じことです。すぐに電話しましょう!(ただし、連絡時間が決められている場合は必ず守りましょう。時間帯によって「戦争状態」な店舗もあるからです)

 最近は、ネットの求人サイトが充実してきており、花屋さんのアルバイト情報も、以前と比べると格段に探しやすくなっています。「正社員のみ」の求人サイトだと、やや厳しいですが、バイト求人のサイトで、花屋の求人が一軒も無いことはあまりありません。定期的にチェックして、多人数募集の情報などを見逃さないようにするのが良いと思います。(ページ下の「参考」に、花屋さんの求人を見かけることがあるアルバイト情報サイトを掲載しています)

 成功率が低く、勇気もいるのがです。突然店舗に入って行って、「あのう、働かせてください」とお願いする方法です。私の経験からいくと、雇ってもらえることはほとんど無いです。(私自身はこの方法は実践しませんでしたが、店員だったときに、このような志願者の来店が数件ありました)
 望みがあるとすれば、12月初旬母の日前、すなわち花屋さんが猫の手も借りたい時期の一瞬前です。これについては、臨時スタッフ編をご覧ください。

【参考】花屋バイトの求人広告について、実例を挙げてこちらの記事で解説しています→求人の実例をチェックする

◇アルバイト採用されやすい人は……

 私が今まで実際に採用の現場を見てきて思うことを書きますと、採用される人は、大抵以下の要件を満たしていますね。
  • 花屋業務経験者
  • シフトに多く入れる
  • 面接で熱意を伝えるのがうまい
  • 通勤時間が短い
採用の決め手になるものは で、少し詳しく解説しています

 やはり、経験アリが一番大きく採否を左右するように思います。そして、熱意があることを、「シフトに多く入れること」とからめてアピールすると、雇う側の気持ちを大きく動かせます。

 花屋のことをよく知らない方は、「資格を持っていれば有利ではないのか」と考えることが多いようですが、採用時に資格を重視する花屋は少ないです。さすがに、フラワー装飾技能士を持っていると一目置かれますが、小さな店だと、「そんな立派なスキルのある人はうちには勿体無い」などと言われ、かえって敬遠されることすらあります。
 民間資格で最も有名なNFDも、あまり大きな武器にはなりません。資格に頼りすぎるのは危険です。

 店により、採用に関する見解は異なるので、上記の三つの要素を満たさないからと言って、「採用は無理だ」と諦めることはありませんが、「こういう傾向が顕著だ」ということは、知っておいても良いと思います。

◇花屋のアルバイトの具体的な仕事は?

 ざっと挙げてみると、

  • 切花の水揚げ
  • 接客
  • 花束・アレンジメントの製作
  • 商品のラッピング・梱包
  • 鉢ものの管理
  • 配達
  • 売り上げの管理(バイトにはさせない店もあります)
  • ブライダルなどの特殊装花(まったく無い店もあります)
↑のような業務があります。詳しくは、こちらの記事をご覧ください→花屋さんの主な仕事

◇花屋のアルバイトの時給はどれくらい?

 花屋の時給は、高いとは言えません。都内でも、850円くらいです。超高級店でも、なかなか1,000円は出してくれません。通勤手当は、出ないことが多いように思いますが、意外に全額出してくれる店も結構あります。

 私は、個人的には、「世の中には、もっともっとギャラの良い仕事がいっぱいある」と思います。時給1,000円以上もらえるバイトをやめて花屋に来るのもすすめないし、OLをやめて来るなど論外だと思います。
 この時給の現実を、よくよく考えて決断してください。
(花が好きな思いを満足させたいだけならば、会社勤めのまま余暇にフラワー教室で楽しむことだってできるのですよ)

◇バイトから社員に登用の道はある?

 バイトから社員になる道は、「あることはある」といったところです。
 正直、花屋のバイト君を、社員にしてやろうと思うオーナーは少ないです。だって、町の小さな店などは、そもそも会社組織にしていない方が多いくらいなのですから。なので、社員になりたいなら、最初から「社員になる可能性が見込める店」を選びましょう。

 会社組織になっていても、基本的に、社長一族しか社員にしないところも多いです。自分の前に、一族以外で社員になった前例が無ければ、かなり頑張ってアピールしないと、社員になることは難しいでしょう。
 社員になる見込みがある環境であることが分かっていれば、まずはバイトの身分で、自分がいかに働き者であるかを、業務を通じて分かってもらえるような職人になりましょう。「この人を失いたくない」と思わせる働きをして、その働きにふさわしい待遇をゲットしていけば良いと思います。

◇参考 その1

 ↓に、ネットで花屋さんの就職情報を探せるサイトを集めてみました。が、花屋さんの求人数は、多いとは言えません。いいものは早い者勝ちですよ! (正社員の求人は、正社員編をご覧ください)

【1】バイトEX 花屋
 フラワーショップスタッフの情報多数。
【2】ジョブセンス 花屋アルバイト
 パート、アルバイトの花屋求人が複数あります。関東地区だけで探しても、大体常時30件くらいヒットします。
【3】シゴトinバイト
 常時、花屋の求人が出ています。キーワード検索で、「花屋」「生花販売」「フロリスト」等、検索してみて。
【4】バイトーク 花屋アルバイト
 常時、10件近くの花屋求人が見つかります。「花屋」「生花」などで検索してみて。
【5】バイト探すならan
 さすがに大手は掲載数が多いです。「花屋」「生花」などで検索してみて。
【6】フロム・エーナビ 花屋アルバイト
 ご存知「フロム・エー」のWebサイトです。花屋求人の件数は、多いほうだと思います。
【7】【おてつだいネットワークス】
 「花屋」で検索してみてください。常時10件以上の求人がヒットします。

 花屋さんの求人を見つけるコツは、まめに訪問して探すことと、ワード検索のあるサイトなら、複数の検索ワードをためしてみることです。(「フローリスト」で0件でも、「フロリスト」なら1件ヒットする、なんてこともある!)

◇参考 その2

花屋さんになりたい人のためのブックショップ


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.