◆自分で用意する道具は?

花屋さんの道具

 花屋さんが業務に使う道具は、専門的なものから100均で買えるものまであります。このページでは、花屋さんに雇われたときに、一般的に自分で用意していくべき道具について解説します。

スポンサーリンク

(1)花鋏は、ぜひ自分のものを持っていこう

 花屋さんで働く人間が、決して手放せないのが花鋏です。これは、ぜひとも自分のものを持参しましょう。

 大抵の花屋さんは、店に花鋏をいくつか置いているものです。ですから、それを借りてもいいことはいいんですけど、店の備品の鋏は、激しい業務でくたびれきっていることがほとんどですので、自分のものを持って行く方が良いと思います。
(私のおすすめの花屋さん鋏はこちら→花鋏 坂源のハンドクリエーション

(2)フローリストナイフ(使わない人もいます)

 備品としてフローリストナイフを置いている花屋さんは、私は見たことがありません。使用するのであれば、自前で用意しましょう。ナイフは、あまり人と共用したくないですしね。
【参考】フローリストナイフ

(3)フローラルテープ(必須ではありません)

 フローラルテープは、使う必要があれば、花屋に供えている消耗品の中から使うのが普通です。なので、個人で持っている必要はあまり無いのですが(実際に、私も持っていないことも多いですが)、「何かあったときのために」一つくらい持っていると、役に立つこともあります。

**************************

◎ここから下は、とてもスペースが狭い花屋さん(そのために、必要なものは各自身に付ける必要がある)や、備品を一切置かないタイプの花屋さんで必要とされるものです。

★鋏(紙や、リボン、セロハンを切る)

 花鋏でなく、普通の文房具の鋏です。これは、あまり安いものでない方がいいです。100均のものは遠慮する方が賢いと思います。

 花屋さんは、花束などのラッピングをするときに、和紙やセロハンを、鋏で「スパーーーン」と切る動作を、死ぬほど繰り返していく職業ですので、鋏が良く切れないと、非常に作業ストレスが大きくなります。
 また、お客さんの前でスマートにラッピングしたいときに、何度も鋏が引っかかっていては、お客さんの不信感を招きかねません。そして、切りそこなった部分を切りなおすと、紙やセロハンにもったいない無駄消費が発生します。1000円以上くらいの、ちょっと良いものを買っておくといいですよ。長く使えますので、もとは取れます。

 鋏の大きさは、あまり小さいと使いにくいです。全長15〜17cmくらいの、ごく標準の大きさが、最も使い易いです。

★ホチキス

 花屋業務は、意外にホチキスを多用します。鉢物のラッピングには欠かせませんし、花束のラッピングに使うこともあります。
 私の経験から言いますと、100均のホチキスは、花屋業務には、全く使い物になりません。針が、きちんと折りたたまれずに、潰れるんですよね〜。ぜひとも普通の文房具店やスーパーで入手しましょう。

★電卓

 花屋さんは、商品の相談に乗っているときに、電卓を使うことがよくあります。「あれとあれで、税込いくらになり、送料と箱代を足すと……」みたいなことを言いながら、電卓で計算するわけです。
 これは、100均で買ったもので十分です。もちろん、会計士が使うような電卓を使ったっていいのですが、本格的な電卓は、大きすぎますので、あまりおすすめできません。

 店の備品ではなく、店員各自で持つということは、大抵の場合エプロンのポケットに入れることになるのです。そのため、エプロンのポケットにすっぽり入り、しかも打ちにくく無い程度の大きさのものを見つける必要があります。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.