◆花屋さんの、正社員・アルバイト・ゆるいアルバイトの比較

花屋の「バイト・正社員」の比較

 こちらのページ→花屋さんに就職する:正社員の求人に応募しよう でも少し触れていますが、花屋さんの従業員の中で、一見同じ仕事をしているように見えても、正社員とアルバイトでは、待遇その他の違いはあります。
 この記事では、花屋さんの正社員とバイト君の比較を行ってみようと思います。

 もちろん、各店舗によって、実態には差がありますので、この記事の「比較」は、一般的なものとしてお読みください。
 また、この記事では、「アルバイト」のほかに、「ゆるいアルバイト」という一項も設けて比較を行っていますが、「ゆるいアルバイト」とは、個人商店によくある「雑用や留守番程度のことを頼める人員で、ゆる〜い感じに雇っている人」を指します。
 私が働いた花屋さんでも、ゆるいバイトさんは結構いたものですから、比較に加えてみました。

 各雇用形態別に、箇条書きにしてありますので、ご参考に。

スポンサーリンク

◇花屋さんの正社員

  • 求人が少ない
  • バイト君よりも仕事を多く教えられる。バイト君がタッチできない仕事も任される
  • やりがいのある仕事、大きな仕事は、バイト君よりも優先的に任される(でも、正社員よりもスキルが圧倒的に高いバイト君がいると、そっちに奪われることもある)
  • 店の経営に高度に関わる情報も知らされることが多い
  • 店の商品を購入する場合、バイト君よりも割引率が高いことがある
  • 大きい法人なら、福利厚生が充実していて、その恩恵を受けられる
  • 厚生年金に入れる
  • 定年制がある
  • 給料は、月給単位
  • 給料は、基本的には徐々に上がる。金額の交渉ができる店もある
  • 給料は、バイト君より高いとは限らない。手取りでバイト君に負けることは大いにあり得る
  • ボーナスがあるかもしれない
  • 退職金があるかもしれない
  • 有給休暇がもらえる
  • 休日出勤を、バイト君よりも気軽に頼まれる
  • スキルアップのための講習受講などを、店のお金で受けさせてもらえることもある
  • フラワーショーや、見本市への参加などに派遣してもらえることもある
  • 免許・資格の取得をするときに、店から援助金を出してもらえることもある
  • 法人の社風により、「男尊女卑」が残っている場合があり、その場合は、女性よりも男性の方が先に出世して、良い仕事も任される

◇花屋さんのアルバイト

  • 花屋さんの中では、求人は多目
  • 店の経営の詳しいことは、ほぼ教えてもらえない(薄々察していくとか、オーナーの奥さんの愚痴を聞いて分かることとかはある)
  • 店から急にシフトの変更を求められても、渋れば無理は言われないことが多い。時間的には、正社員よりずっと自由がきく
  • 給料は、時給単位
  • 有給をもらえるのは、よほど儲かっている店だけ(実質、無いに等しい)
  • 労働災害以外の保証はほぼ無い
  • 仕事ができる人間である限り、「定年」を言われることはあまり無い
  • 給料が上がるスピードが極端に遅い(基本、上がらないくらいの意識でいる方が良い)
  • ボーナスは基本は無し。ただし、店が大きくかせぐ時期に、「大入り袋」的な一時金が出る場合がある
  • 退職金は、絶対的に無い(花束くらいはもらえるかもしれない)
  • 店はバイト君を「去っていくかもしれない人」と思い、バイト君も、店を「永遠にここにいるわけじゃない」と思っていることが多いので、ドライな言い方をすれば、「互いに都合の良い間は仲良くする関係」と言える。正社員と店よりも、流動的で刹那的な関係である
  • この店が合わないとか、別の傾向の花屋も経験したいと思えば、正社員よりも気軽にやめられる(花屋業界では、最初に働いた店に骨をうずめる人は稀。複数店舗を経験した方が良いとの見解を言う人も多い)
  • 「男尊女卑」の雰囲気はほぼ無し(私は見たことありません)。世間的には、花屋さん=女性店員のイメージが強いため、「女には仕事が任せられない」という考えの店は少ないはず

◇花屋さんの「ゆるいアルバイト」

  • 求人が出ることは稀。大手求人誌には、確実に出ない(花屋さんの親類や知人の中から雇われることがほとんど)
  • きつい仕事は、本人が望まない限り教えられないことが多い
  • 店によっては、花束も作らせない
  • 店をあげての残業のときも、1人だけ定時で帰れたりする
  • 残業の頼まれ方は、「残業してくれ」ではなく、「もしも可能ならば残業してくれ、無理しなくてもいいけど」みたいに言われる。イヤなら断っても全然OK
  • お休みの申請は超自由なことが多い
  • ほとんどの失敗は、笑って済ませられる
  • ほかの従業員たちの業務トークの意味が分からないことがある
  • 基本、退職金をもらえるような仕事ではないが、オーナーとの関係性によっては、お小遣い程度の「ご苦労さん金」が出るかもしれない(ボーナスも同様)
  • 有給休暇も、もらえるような仕事ではない
  • 給料自体も、多分安いんだと思う。そのかわり、自由に、ほとんど責任も無く、花屋の店頭でニコニコして、頼まれたことさえやれば仕事にはなる。勉強する姿勢を見せる必要なども、まったく無し。「花のことはよく分からない」という発言さえもOKである

【当サイト内の関連ページ】

Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.