* ブライダルフラワーの仕事 *
ブライダルフラワーの製作

◆ブライダルフラワーの製作は、花好きさんには人気の高い仕事です

 ブライダルフラワーの製作は、花好きさんには人気の高い仕事です。
 イベント性が大きく、華やかで、非日常的な花の装飾であるのに、ちゃんとビジネスとして成り立っており、その仕事専門の勤め先があることが、大きな要因でしょう。そのため、ブライダルフラワー作製のためのスクールも充実しています。
 ブライダルフラワー製作の仕事は、多いとは言えませんが、無くなることも無い仕事でして、需要は絶対にあります。なので、ブライダルフラワーの専門家を目指すことは、決して夢物語ではありません(ブライダル装花の第一人者、と呼ばれるのは多くの人にとって夢物語ですが……)。本気で進む気持ちがあれば、道はあります。

 この記事では、これからブライダルフラワーの道に進もうとされる方に役に立つ情報をお届けしたいと思います。

◇ブライダル「だけ」をやりたいのか、ブライダル「も」やりたいのか

 ブライダル業務だけを専門的に行う人になるのと、ブライダルの注文も受けられる職人になるのでは、やはり道筋がやや違います。
 ブライダル「も」の場合は、町の花屋さんに勤めてもできることなのです。ただし、普通の花屋さんにブライダルの仕事が舞い込んでくるのは、多くても年に両手程度でしょう。少なければ、「ゼロ」のこともあると思います。もしも、普通の花屋業務を主にして、「ブライダルもなるべく多く経験したい」ということであれば、最初からブライダルの注文が多そうな花屋さん(高給生花店・結婚情報誌に載っている生花店・有名生花店・ホテル内の生花店・結婚式場に入っていることをあらかじめリサーチしてある店etc)を見極めて勤める必要があります。

 ブライダル「だけ」を業務にし、しかもそれで生計を立てたいなら、一番一般的な方法は、ブライダル装花の求人を探して、結婚式場などの専門スタッフになることです。(これについては後述します)

 自分で商売する才覚があるなら、個人で「ブライダルブーケの注文承ります」と営業し、自ら起業することもできます。マミ川崎さんだって、最初はお友達にブーケを作ってあげるところから始められたのですからね。(現実的なことを言うと、店舗無しでブーケや装花だけの注文で経営を成り立たせるのは難しいです。店舗はあった方がいいね、というのが業界の共通認識だと思います。でも、とんでもない個性やアイデアがある人は、そういう定説も覆せますから……)

 私個人の見解ですが、「ブライダルだけ」を目指すのは、ブライダルフラワーに特に強いこだわりを持っている人だけでいいんじゃないかと思います。ブライダル以外にも、イベントの装花というのはあって、たとえば記者会見場とか、各業界のパーティーとか、音楽会などに花をセッティングする仕事はあるのです(私などは、ストリップの舞台に生けたことすらあります)。「結婚式スタッフ」になったら、結婚式しかできませんからね。
 もちろん、ブライダルフラワーの仕事に就くのが夢だったり、花学校のブライダルコースをそのために出たような人は、ブライダルの道で頑張るのが良いと思います。
 また、特にブライダルだけでなくても良かったんだけど、ブライダルフラワーの求人を受けてみたら採用されちゃった、という人も、どうかその道で頑張ってください。希望しても不採用になる人もいる道です。

◇ビジネスにするつもりが無いあなたは……

 ビジネスにするつもりはサラサラないけど、スクールなどで技術を磨き、「親しい人の晴れの日に、心のこもったブーケを作ってあげられたら」というような夢を持っている人もいらっしゃると思います。
 その場合には、なるべく広い範囲の知り合いに、「自分はブライダルブーケが作れる」「遊びレベルでなく作れる」とアピールしておきましょう。
 親しい人が結婚するときには、「ブーケを作りましょうか」と、こっちから持ちかけても良いと思います。ただし、花嫁から断られる可能性もあることを承知しておきましょう。花嫁が、「どうしても六本木のゴトーにブーケを発注したい」というような、具体的な希望をかねてから温めている場合があるからです。(こればっかりは、花嫁の意向が大事ですので、「親友なのに……」などと落ち込まないように)
 あと、ビジネスでないのですから、
「いただくのは実費でいいのか」
「実費さえもいただかないことにするのか(お祝いにしてしまう)」
など、費用のことをどうするのか、何パターンか考えておきましょう。

◇どんな技術が必要なのか

 実際に、ブライダルフラワーというものは、何を納品するのかを、ざっと下に書いてみます。

●ブライダルブーケ(スタイル多数)
●ブートニア(男性用の胸飾り)
●髪飾り用生花(メイクさんに、生花を渡すだけ)
●アレンジメント(受付テーブルなどに置く)
●テーブルアレンジメント(ゲストテーブルなどの、平たいアレンジメント)
●メインテーブル装花(新郎新婦席のテーブルの上が主、サイドに大型のアレンジを作ることもある)
●ケーキ装花(ケーキの周りに飾る)
●ゲスト用、ご両親用の花束
(教会の場合は、祭壇装花、チェアフラワーなど)

 上の項目を見ていただくと分かるように、会場装花の類は、大型のアレンジや、高額段花を作ったことのある人なら、ブライダル未経験でも結構様になるものを作れるでしょう。ブーケ、ブートニアはまったくの未経験では無理ですね。でも、習得に何年もかかるような技術ではありません。頑張って練習すれば、一月かからずにブーケ作製にデビューできます。
 理想は、作れる人の助手について何個か納品を経験し、段々自分でできる技術を増やしていけば良いと思いますが、これは勤め先などの環境によってそうもいかないことがありますから、それぞれの場所で頑張るしかありません。

◇「経験者」でないと就職できない?

 ブライダル装花の求人の多くは、「経験あり」を条件としています。花屋業務の経験があれば、ブライダルフラワー専門の業務は未経験でも、「経験者」で応募できます。ブライダルフラワーのスクールを卒業している人は、望みはやや薄いですが、応募してみる価値はあります。
 まったくの花の素人なら、大分間口は狭くなりますが、「未経験可」のところに応募してみましょう。経験のある人というのは、「前職の色」が付いていることがあり、それを嫌う企業(店舗)もあります。うちのやり方を刷り込んでいきたい、と考えている企業は、経験よりも、むしろ業務に対する熱意を重視してきますので、やる気アピール全開でアタックしてください。

◇ブライダルフラワーの求人を探そう

 ブライダルフラワー作製の仕事は、私は花雑誌の求人欄と、とらば〜ゆで何回か見たことがあります。折込に入ってくる求人チラシや求人のフリーペーパーでは見たことが無いです(結構見てますけど、無いです)。
 現状では、ネットの求人サイトで探すのが、一番早道かもしれません。
 以下のようなサイトをチェックしてみましょう。

ジョブセンス……ブライダル装飾関連の仕事が常時何件かヒットします。ブライダル部門のある花屋スタッフや、結婚式場スタッフの仕事が探せます。
サービス業 転職……「ブライダル フラワー」で検索してみて
◆インディビジョン[転職]◆ ……「フラワーコーディネーター」または「フラワーデコレーター」などで検索してみましょう
anレギュラー……「ブライダル フラワー」で検索してみて
★インディビジョン[バイト]★ ……短期バイトが得意なサイトなので、結婚シーズンの前あたりに見てみるといいかも

 ブライダルの仕事は、正社員の求人が多いので、町の花屋のバイトさんよりは、お給料的には恵まれていることが多いです。

◇ブライダルフラワーを学べるスクールを探そう

 ブライダルフラワーに関わる国家資格はありません。また、民間資格でも、持っているだけで一目置かれるような資格は現状では無いと言ってよいと思います。しかし、ブライダルフラワーは、一般的な花屋業務よりは特殊な技術や知識が必要とされる面がありますので、スクールが多数あり、またこれが結構な人気なのだそうです。
 私自身は、そのような専門教育を受けずに、実践でブライダル業務を経験していきましたが、基礎をきっちり勉強できるという意味では、魅力のある講座ではないかと思っています。「納品でない(つまり、最悪失敗してもいい)ブライダルブーケ作り」ができるだけでも、いいんじゃないかと思います。たとえ、ブライダルの専門家にはならずに、町の花屋さんになったとしても、身になる勉強になるのではないでしょうか。

FDAフラワースクール(旧フローラ・アミ)……「フラワーデコレーター(FDA)ライセンス2級対応講座」がブライダルの仕事にはおすすめコースです
ヒューマンアカデミー ブライダルトータルプロデュース講座 フラワーデザインブロック
ヒューマンアカデミー フラワー講座 ウエディング
ケイコとマナブ ブライダルフラワー
インディビジョン ウェデイングフラワー

◇この記事を読んで、なんだかブライダルブーケが作りたくなっちゃったあなた!

 特にブライダルを仕事にするつもりも無いのに、このページを何となく読んでしまった花好きのあなた! もしや、出来心で「ウエディングブーケって、ちょっと作ってみたいよね……」と考えたりはしていないでしょうか。
 分かります、分かります。私も、高校生くらいの頃、「納品も何も関係なく、とにかく一回作ってみたい」と思ったことがありました。
 しかし、その頃の私は、小口で買えるブーケホルダーというものの存在を知りませんでした(箱買いするような気持ちは無かったので……)。

 世の中には、こういうものが売っています。
【花資材:ばら売り!】吸水スポンジ:【J】オアシス ブーケホルダー
 これで、遊びのつもりでブーケを作ることができます。(モノ自体は、本物のブライダルブーケに使うホルダーです)
 本格的に、アンティークタイプのバラとユーチャリスなど買ってくるもよし、コストおさえめでスプレー菊で作るもよし。とにかく体験して、「ふーん、こうなってるんだ」と思うことで、好奇心が満足することもあるものです。実際にやってみると、きれいな球面を作るのが意外に難しいこと、アオシスが見えないようにするのも結構大変なことなど、気付くことがいろいろあります。
 ちなみに、ブーケホルダーは使いまわせます。中のオアシスを取っちゃって、新しいオアシスをセットすればいいのです。

 雰囲気重視の人なら、こういうもので盛り上げるのもまた面白いです。
花資材:吸水スポンジ:◎オアシス社 スーパーウェットブーケホルダー用チュール(D-4002)
 このような資材は、数百円で買えます。「100円だったら買うけどね……」と思ったあなたは、ダイソーに行った時に、花のコーナーを冷やかしてみてください。私は見たことがないのですが、「ブーケホルダーも売っているのを見た」という証言は複数聞いたことがあります。

◇最後に一言。

 最後に、管理人がブライダルの仕事を受けるにあたって、一番気をつけていることをお伝えしましょう。

「花嫁さんに、〈主役である自分の選択権が無視された〉と思わせてはならない!」

 これは、絶対にやっちゃあならないことです。花嫁さんに、何かを諦めていただかなければならないときに(季節的なこと、予算的なことなど、理由はいろいろあります)、「花屋さんは、私の思いを無にしなかった」と思っていただくことは、最重要項目です。この納得を得られれば、「第三希望レベル」のブーケになったとしても、悲しい思い出になったりはしないのです。
 これ、マジで重要ですよ。花嫁さんは、死ぬまでブーケの悔いを忘れません。
 ブライダルって、そういう仕事です。
 ………怖くなりました?

◇当サイト内の、ブライダルフラワー関連記事




Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.