◆男性だけど、花屋になれるものなのか……と心配な方へ

 男性だけど、花屋の求人に応募して大丈夫だろうか、という方がいます。どうやら、「花屋=女性店員」というイメージが、世間には根付いているようです。

 しかし、私が今までに在籍した店で、「女性オンリー」だったところはありません。なので、「そんなに心配いらない!」ということをお伝えしようと思います。

◆「男性」というだけで採用しない花屋は無い

 まず、声を大にして言いたいのですが、男性の花屋店員というものは、全然珍しくありません。うそだ、女性しかいないでしょ、という方は、ご自分の近所の花屋を、2〜3件見て歩いてもらえれば分かります。

 ということは、「男性の応募者=採用されない」ではありません。
 花屋業界の人間として申しますが、少なくとも店で働いている人間に、「女性を採用するほうが普通」という意識はありません。つまり、「男性の応募者=採用されにくい」ですらないのです。

 ただし、応募者数の男女比を調べたとしたら(正式に調べたこと無いですけど)、ほぼ確実に「女性>男性」だと思います。その結果、採用の結果も「女性>男性」にはなるのだろうと思います。

◆花屋従業員の賃金は低い……だから男性に選ばれない

 花屋の求人の応募者は女性が多い……それはなぜなのか?

 「女性は花が好きだから」、などという理由ではないと思います。
 もっともっと現実的でシンプルな理由、つまり、「大して稼げない」からだと思います。

 自分で花屋を経営するならまだしも、花屋に雇われる身分では、余程繁盛している店に入らない限り、世間の平均的な収入を得られるかどうか大いに疑問です。特に、バイトの身分だと、一人暮らしの生活費くらいしか稼げません。そのため、男性の応募者を集めにくいのでしょう。
 業務内容や見た目の印象の問題ではなく、本当の理由は「稼ぎ高」にあるのだと思います。

◆「むしろ、男性スタッフが欲しい」という花屋もある

 上記のように、花屋業界としては、「こっちから男性を拒んだ覚えは無い」のです。花屋によっては、むしろ男性スタッフが欲しいと思っているところもあります。
 たとえば、
  • 男性店員の方が頼みやすそうな客層が多い
  • 入荷の箱数が大量なので、男性の力があった方が仕事がはかどる
  • 繁華街の夜間営業なので、男性店員がいると安心
  • 多様な個性のある店を作って行きたいので、スタッフの性別や年齢を偏らせたくない
などの理由で、男性スタッフは歓迎されます。

 あと、女性としては怒るべきポイントなのかもしれませんが、男性がいると「ちゃんとした店」に見えることがあるんですよね……。「女店員フゼイしかいない店」より、「ちゃんと男性がいる店」の方を認めてくれる人というのが、世間にはまだ居ます。(どうせパートの女だろう、とか思われるんですかね?)

◆「女性スタッフ募集」と書いてあっても、応募してみてもいい

 最近は、「女性スタッフ限定」の花屋求人はあまり見ません。見ませんが、もしも「女性スタッフのみ募集」の求人だったとしても、ご自分が本当に「このお店に勤めたい」と思っているなら、ダメモトで応募してみてはどうでしょう。

 もちろん、「応募資格」が無い人間が応募するのですから、「女性だけの募集なので、残念ながら対象外です」と言われるかもしれませんし、言外に、「女性だけって言ってるでしょ。ちゃんと読んでよ」という空気を出されるかもしれません。
 でも、そんなのは想定内で、「もしも面接してくれたら儲けもの」くらいのチャレンジをする気があるなら、思い切ってやってみましょう。

 花屋求人の応募資格は、書く側も、そんなに厳密には考えていないことがあります。たとえば、「年齢 20〜30歳」と書いてあったとしても、38歳の人が通ったりもするのです。その店のオーナーが、「思っていた人材の像とはちょっとずれるけど、この人だったら来てもらいたい」と思ったら、その人でOKなのです。トライしてみる価値はあります。

◆管理人の関係店舗の「男女比」

 参考までに、管理人がリアルに関わった花屋の「男女比」を出してみます。私個人の周辺データですので、かなり狭い範囲のデータであることを、あらかじめご了承ください。

 20代からの自分関係店舗を思い出して集計してみましたところ……
「女1:男0.5」
でした!
 たしかに女性の方が多いですが、男性も全然少なくないです。

◆私が実際に見た「男性スタッフの採用理由」

 狭い範囲のデータをもう一つ出しましょう。
 私のリアル関係店舗で新人を採用するときにも、何度か男性が選ばれているのを近くで見てきました。そのときの、男性を採用した理由を、思い出せる限り挙げてみます。
 まずは、「男性であること」が採用理由に含まれたものから。
  • 前任者が男性だったので、なんとなく後任にも男性が選ばれた
  • 夜勤をさせたいので、男性の方が安心だった
  • 大型ディスプレイの仕事が多かったので、力のある男性を選んだ
  • 女性ばかりの店だったが、店長が「男性がいてもいいかもしれない」と思った

 一方で、下記のように、性別なんか全然関係ない理由で選ばれた人もいます。
  • 家が近所だった
  • 配達業務の経験者だった
  • 応募一番乗りだった

 業界内部の人間たちは、「花屋に男性は、どうもしっくりしないなあ」などとは、まったく思っていないことが分かるかと思います。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.