◆花屋さんは、各店舗によって内容もカラーもぜんぜん違う

花屋さんは、店によって大分業務が異なる

 世間的には、花屋さんのイメージというものは、「こんな感じ」という像が一つあって、どこに勤めても、大体似たようなことをして、似たようなことを考えるんだろうと思われているのではないでしょうか。
 しかし、実際のところ、花屋さんの業務は、各店舗によってかなり異なり、商売の仕方や考え方もそれぞれ違います。

 私は、今までに複数の店に勤め、現在も複数の店に出入りしている身ですが、各店で本当に違いがあり、「そっくりな店」はありません。
 そんなわけで、本当は、花屋さんをタイプで分けることは難しいのですが、この記事では「まあまあこんな感じに分かれる」というタイプを紹介してみようと思います。

 ここで示すことができるのは、あくまでも、「大体の色分け」ですので、真の意味での「どんな店か」は、それこそ各店に入ってみないとわかりません。商売として、こういうパターンがあるんだな、という程度の参考にしてください。

スポンサーリンク

◇花屋さんには、こんなパターンがあります

 まずは、業務形態で、以下のようにざっくりパターン分けしてみました。
  1. 町の花束花屋さん……店頭売りの花束・アレンジメントが主な商品
  2. 繁華街の花束花屋さん……駅ビル花屋、デパート花屋などもこれに入ります。1に近いですが、1より単価が高いことが多いです
  3. 水商売系花屋……水商売関係の得意先を多く持っていて、生けこみや、祝い花で大口の注文を多く取れる店
  4. 園芸商品豊富店……切花もあるけど、園芸商品の方が充実している店
  5. お稽古花屋……いけばな教室やフラワーアレンジメント教室の花材調達が多い店
  6. 仏束花屋……近所に大型の霊園があり、仏束だけでもそこそこ稼げる店
  7. 葬儀花屋……葬儀屋と提携していて、葬儀関係の仕事が主
  8. 結婚式場花屋……結婚式場と提携していて、結婚式やそれに付随する装花の仕事が主
  9. 病院花屋……病院内や病院の向かいに店舗を持ち、お見舞い花だけで経営が成り立ってしまう店
  10. 胡蝶蘭花屋……儲けの9割くらいを、胡蝶蘭が稼ぎ出している店
  11. ネット主流花屋……実店舗よりも、ネットショップを充実させて、発送商品を主にしている店

 多くの花屋は、上のようなパターンの「混合型」です。たとえば、1と2の混合とか、1と4とか、1と7と8とかです。どれが主力の商品になるかで、業務は大分変わってきます。

 花屋の場合、「自分が勤めた花屋は、1に見えたけどホントは7だったんだな」みたいに、外から見える店と実情が違う場合があり、それを店に入ってから知ることがあります。「1に見えたけど、完全に5」だとか、「4はオーナーの道楽で、稼いでいるのは8」だとか、「意外にも店の裏で11の10をやってた」とか、色々あるんです。(別に隠しているわけではありません。外からは分からないだけです)
 なので、入ってから「好きなタイプの店じゃなかった」とか、「こういうことができるんだろうな、と思っていたことはやらせてもらえないことが判明した」とかいうことが起こり得ます。

 そういう予期せぬ「方向性の違い」を好まない方は、面接のときによく確認すると良いでしょう。(私は選り好みしない方なので、その店のあり方にこっちが合わせに行きます)

◇忙しさも、各店でいろいろ

 私の以前勤めていた店は、駅前のくせに暇で暇で、一日に2人しかお客さんが来なかった日もありました。店長と二人で座って、わざとものすごく凝ったアレンジメントを(時間かかるから)作ったりした覚えがあります。
 また、別の店では、「基本的に、昼食はとれないと思ってくれ」と言われ、実際にそうだったこともありました。その店では、1日に11時間ほども働いていましたが、座れる機会は、水揚げ作業のときに地べたに膝を付くときと、トイレだけでしたね。

 上に書いた二店からは、私は同じような時給を貰っていましたけど、「忙しさ」ではこのように大きな違いがありました。
 別の業種でも同じことかと思いますが、どのくらい忙しいかは、完全にその店によって違います。
 ある人が、「花屋でバイトしたけど、やること少なくて楽だったよ」と言ったとしても、よそもそうだろうと信じて気楽に応募するのはやめた方が良いです。また、「あの店は、何となく暇そうだな」と思って応募するのも、あまりおすすめしません。なぜなら、何店舗か経験している私でも、「見かけによらず忙しいな!」と思うことがあるからです。(見た目どおり暇なこともありますが……)
 基本的に、「花屋は忙しいもの」と思い、「忙しくても、頑張ってやろう」と思える人が応募するのがよろしいと思います。

◇客層も、各店でいろいろ

 住宅街の花屋と、繁華街の花屋では、お客層が全然違います。都会か、田舎かでも、相当違います。一つの町でも、駅に近いか、町外れにあるかで、大いに違います。
 お客層が違うA店とB店では、売れ筋商品も接客トークも異なり、A店のスキルがB店では役に立たないことなど、普通にあります。(花屋が採用するときに、「経験者でも、来てもらってみないと役に立つのかどうか分からない」というのは、こういうことがあるからです)

 また、お客層は、主たる扱い商品が異なる店(たとえば、仏束花屋とお稽古花屋)では当然のように違い、トークのスピードまで異なるくらいです。
 値段帯によっても、お客層は別れ、1万円くらい出すお客が多い店と、せいぜい3,000円くらいが上限のお客が多い店では、品物が違うので、商品知識も違ってきます。

 このような違いがあるので、歩いて五分ほどの距離に有る、同じくらいの規模の店舗でも、店員に求められるスキルが相当違う、ということがあり得ます。

◇値段帯も、各店でいろいろ

 同じような町にある花屋が、同じような値段帯の花屋であるとは限りません。巷には、100円ショップも高級百貨店もあるように、花屋さんの値段設定もいろいろです。
 単価の安い花を主にそろえる店もあれば、それプラスちょっと高い花も置いてみる店もあれば、積極的に高級花を置く店もあります。100均もあれば、三越デパートもある、ということです。

 値段帯が違うと、やはり店のカラーは違ってきますので、従業員に求められるものも違ってきます。自分は、100均に採用されたのか、三越デパートに採用されたのか、素早く理解して空気を読むことも重要です。

◇理念も儲け方も、各店でいろいろ

 花屋の値段のつけ方や、仕事のとり方も、各店によって違います。大きな仕事をいくつか取るような仕事の仕方もあれば、薄利多売形式の店もあります。
 理念みたいなものも、違いますね。人を規則で律して儲けにつなげていく店もあれば、固いこと言わずに大らかにやることで儲けていく店もあります。
 また、小菊一本を買ってくれるお客さんも大事にしないとやっていけない店もありますし、小菊一本なんざ売らなくてもいいと思っている店もあります(商売にプラスにならないお客さんを、うまく切り捨てられる商売人っているのよね……)。
 新人の店員には、花束やアレンジメントは、練習で100点が取れるようになってからでないと店売りを作らせない店もあれば、作れようが作れまいが、実戦で場数を踏ませて育てていく店もあります。こっちの指示通りに、寸分たがわず動け、と言われることも、君の合理性でやっていいよと言われることもあります。

 こうなってくると、何が正しいんだか、入ったばかりの店員には、もう分からんということにもなります。唯一の、「これが正解」という商売の方法は無いので、大きな疑問を持ちながら仕事をしなければならないこともあるかもしれません。自分が持った疑問を、どうしても解決したくなったら、
「このやり方でいいんですか!」
と問題提起してみるのも一つの方法ですし、ほかの店舗が、自分のもっと良い居場所になるのではないかと考えてみるのもいいでしょう。これだけ、多様な花屋さんの世界ですから、A店には合わなかったけど、B店にはドはまりということも往々にしてあるのです。
 もしも、花屋さんになるのが夢で、それをかなえるために頑張る気概がある人なのであれば、ある店でハマらなかったとしても、萎縮せずに次のチャンスに挑んでいってください。


【関連記事】


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.