◆花屋さんのアルバイト募集に応募すると、大体その後はどんな流れになるのか?

アルバイト応募した後の流れ

 花屋さんのアルバイト募集に応募すると、その後は大体どんな風に物事が進んでいくのか、よくあるパターンを下記に示してみたいと思いますので、参考になさってください。
(それぞれの場合の、余計な注意事項も書き添えてあります)

※もちろん、店によって違いがありますので、必ず下記のような流れになるとは限りません

スポンサーリンク

◇電話で応募する場合

店に電話する(ハキハキと話すこと。声が小さいのはマイナスポイント)

応募の意向を伝える(完結に、明確に伝えるのがよい)

店側から、簡単な質問がいくつか出る(運転免許の有無、経験の有無など)※質問は、出ない場合もあります

面接の日時を伝えられる(「今から来られますか」もあり得る)

(面接までの間に、ネットで店の予備知識を仕入れておいたり、店の構えを実際に見に行ってみたりしておくと良い)

面接当日は、時間に遅れないように出向くこと。(参照:花屋さんの面接はこんな感じ

面接時間は、大体20分くらいが多いが、応募者が多い場合は3分程度でやっつけられることもある(妙に短かったからと言って、「きっとダメだ」と落ち込む必要は無し)

「スキルを見せて欲しい」と言われ、花束やアレンジメントを作らされることもある(「作れ」と言われたら、驚いて「え!」とか言わず、当然のように作り始めるほうが良い)

面接の最後に、「じゃあ明日からお願いします」と言われることもあるが、大抵は後日連絡が来る(その日のうちに来ることもある)

採用の場合、電話をくれることがほとんど。(書面やメールのみということは、あまり無い)不採用の場合は、書面のみのこともある。また、「○日までに連絡が無ければ、不採用だと思ってくれ」と言われる場合もある

◇飛び込みで応募する場合

店に入って、「バイト募集に応募したい」と申告する(ハキハキと話すこと。声が小さいのはマイナスポイント。接客で忙しそうな場合は、時間をずらすなど、気を使う)

「履歴書を持って、何日後に来てくれ」と言われる場合と、「じゃあ、今ちょっと話をさせてください」となる場合がある

「後日来てくれ」の場合、その後の流れについては、電話応募の項の「面接の日時を伝えられる」以降を参照ください
「今、話を聞かせてください」の場合は、その場で面接本番が始まるので、電話応募の項の、「面接当日」からの流れを参照ください

※「今、話を聞かせて」と言われる場合に備えて、ごく簡単でもいいので、面接で聞かれそうなことをシミュレーションしておくといいです。特に、「意気込みを示せ」と言われた際に何を言うかは、あらかじめ答えを練っておくと、「………(しばし沈黙)」にならないのでお勧めです。
※「今、話を聞かせて」と言われた場合、どうしてもその場で面接に突入するのがイヤだったら、「急に告知が目に入ったので飛び込んでしまったが、今日は時間が無いので、後日にしてください」と逃げることもできます。しかし、バイトの採用は、基本的に早い者勝ちですので、人に取られるリスクが大きいと思ってください。

◇求人サイトから応募する場合

普段から、マメに求人サイトをチェックしておく

「これ良い」と思うものがあったら、すぐに応募する(一日考えたりすると、次の日にはもう無いかもしれない!)

サイトの応募フォームからエントリーする(自分のメールアドレスは、フリーメールでも問題なし)

ほとんどの場合、「何日に面接に来てくれ」という連絡が入る。稀に、数日のみの超短期の仕事などは、エントリーの後に「採否」の通知が返って来ることもある

面接の日が決まったら、電話応募の項の、「面接の日時を伝えられる」以降を参照ください

【花屋の求人が見つけられるサイト】
フロム・エーナビ 花屋求人
シゴト.in バイト 生花店求人
ジョブリンクワーク 花屋

◇面接の前に、書類審査が有る場合

 面接の前に、まず履歴書を送ることを求められ、第一次審査するような店もあります(よほど大きな店か、過去に求人応募が殺到して困った経験のある店が、こういう方法を取ることが多いです)。
 その際には、履歴書の書き方の常識を外さないように注意し、できれば送付状をつけて送りましょう。


【関連記事】


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.