◆プリザーブドフラワー関連の各種お仕事

プリザーブドフラワー関連のお仕事

 生花ではありませんが、プリザーブドフラワー関連のお仕事も、花業界の仕事に含まれます。

 プリザーブドフラワー関連で、最も憧れを集める仕事というのは、やはりプリザーブドフラワー・アーティストです。すばらしい作品を創って、その収入でやっていけたらと思うのは、作製者としては当然の夢です。しかし、このページでは、プリザ創作を収入にする方法は、あまり詳しくは解説しません(オークション出品・委託販売については、少々解説します)。
 このページでは、もっと現実的なプリザーブドフラワーの仕事について解説することにします。

スポンサーリンク

◇プリザーブドフラワー講師になる

 有名アーティストにはなれなくても、プリザーブドフラワーの個人教室の先生になる道なら、誰にでもチャレンジする機会があります。ただし、現在では、これ一本で食っていくのは難しいと考えてください。多分、世のOLさんの平均収入に追いつける人は少ないと思います。(つまり、収入だけのことを言うなら、OLをやめてプリザーブドフラワー教室を開くのは危険な賭けです)
 教室を開くにあたっては、当サイトのこちらのコラムたち(⇒フラワー講師への道)が参考になると思いますので、詳しい内容はそちらを御覧下さい。※講師の募集・求人についても解説しています

 すごく大雑把なことを言いますと、プリザーブドフラワー講師の仕事で「小遣い稼ぎ」を越える収入を得るパターンは、大きく二つに分かれる傾向にあります。
 一つは、「地域密着型で、周辺のプリザ人口をうまく集めて成功する」というパターン。
 もう一つは、「自分の所属プリザ組織で一目置かれる人となり、少なくとも組織内では名の知れた人となる」というパターンです。

 もちろん、ほかにもプリザ教室の先生としてうまくいく方法はあると思いますが、現状では、上の二つの傾向が強い、ということを理解していて損は無いと思います。

※プリザーブドフラワーの技術をこれから習得しようと考えている方は、下記の情報などを参考に教室を探してみてください
プリザーブドフラワーの資格一覧表
プリザーブドフラワーの通信講座・通学講座
プリザーブドフラワーの講座・スクール

◇プリザーブドフラワーを扱うショップの店員になる(既製作品ショップの場合)

 出来上がったプリザーブドフラワー商品を売るギフトショップなどの店員になれば、プリザーブドフラワーを売る仕事で収入を得ることができます。実は、この仕事については、私自身、短期バイトなどでやってみたいと思っている仕事です。
 このサイトで何度も書いているように、私は、プリザーブドフラワーは本当は好きとも言えないのです(やっぱ、生花が好きだ)。しかし、実際にはプリザーブドフラワーの納品もしているので、お客様の直の反応など、見られたら勉強になるだろうと思います。なぜなら、プリザーブドフラワー製作者たちから見て「テンションあがる」ような作品や花材と、一般のお客様が「テンションあがる」作品や花材には、どうもいくらかの隔たりがあるように感じるからです。一般の方を相手にしたショップなら、製作者の憧れや都合と関係ない、お客様の「真の需要」を見られるように思います。

 プリザーブドフラワーを扱うショップの店員さんになるには、アルバイトもあれば正社員のケースもありますが、「ショップ店員」「販売員」などの求人で探すことができます。
 プリザ商品の販売は、ほぼ雑貨販売みたいなものですので、雑貨店やギフトショップに勤めた経験があれば有利だと思います。しかし、まったくの未経験の求人もあると思われます。販売するだけなら、「プリザーブドフラワーの専門知識」が要求されることはまずありませんので、プリザ製作の経験を、採用時に聞かれることもありません。(製作経験のある人が、販売の仕事に就こうとするときには、「作ったことがあるので、知識が豊富です」とアピールするのは良いと思います)

 プリザ販売ショップの仕事は、たとえばこんなサイトなどで探すことができます。
シゴトinバイト プリザーブドフラワーショップ
転職サイト プリザーブドフラワー
全国のバイト情報を一括検索!インディビジョン[バイト] ……「プリザーブドフラワー」で検索してみて
(収入のことを言うと、ショップ店員の給料は、あまり高くはないと思います……パートくらいのつもりで探すのがいいのかも)

◇プリザ花材メーカーに就職する

 花材メーカーに正社員で入るなら、一般の就職活動と同様に、入社試験を受けて入ることになります。日本の代表的なプリザ花材メーカー:大地農園の採用情報ページなど、参考にしてみてください。
 もちろん、大きな会社ならば、社内に部署はいろいろあるので、経理や庶務などに配属されることもあるでしょう。本当に花材を手に取れる仕事をしたいなら、「自分はプリザーブドフラワー花材そのものに大きな興味を持っている」、ということをアピールしなければならないかもしれません。「経理だの、人事だのになったら絶対に嫌だ」と思うなら、むしろプリザーブドフラワーショップのバイトさんになったほうが幸せな日々を送れることもあるかもしれませんので、よく考えて決断しましょう。

◇プリザーブドフラワーの扱いの多い生花店に勤める

 最近は、生花店の半分ほどがプリザーブドフラワーの売り場になっている花屋さんもあります。そのような花屋さんに就職すれば、生花もプリザも一緒に売れます。
 ただし、生花店の店頭に出ているプリザ商品は、基本的には「仕入れもの」です。出来上がっているものを仕入れて店で売っているだけなので、店の裏で作っているようなことはまずありません(無いとは言いませんが)。なので、「いずれは製作班に」と考えて入るとがっかりすることになります。
 花屋さんの求人については、当サイト内にもコラムが多数あります。

◇プリザーブドフラワーの製作職人になる

 プリザーブドフラワーの仕立ての仕事は、まれに求人募集が出ています(たとえば、こういうところで→プリザーブドフラワーのシゴト)。多くは、パートかアルバイトの求人で、正社員の仕事もあるのかもしれませんが、私は見たことがありません。
 仕立ての仕事は、自分の個性や感性を生かしたアレンジを作れる現場もあれば、完全に「まったく同じものを大量に作っていく」という、工場的な現場もあります。自分なりのセンスを生かしたいと思うなら、うっかり「工場」に入らないように注意しましょう。もっとも、工場的なところで働いてみるのも、プリザーブドフラワー製作の経験にはプラスになると思います。ハイスピードで、見本と完全に同一なものを作る修行は、スキル向上に役立つでしょう。

 勇気のある人は、「ここは、自社で手作りのプリザを売っているな」と思えるショップに飛び込みで、「スタッフ募集はしていませんか」と聞いてみるという手もあります。失敗する確率が高い方法ですが、自分のセンスと響き合うデザインがある店であれば、ダメモトで特攻してみてはどうでしょう。

【参考1】
 こちらの記事で、プリザ製作者の実際の求人例を挙げて解説しています→求人の実例をチェックする

【参考2……とても重要なこと】
 プリザーブドフラワーを仕立てて、それを仕事にしようと思うなら、クリエイターであれ、仕立て職人であれ、作業スピードを早くするべきです。プリザ教室の皆さんのスピードは、プロからすると「話にならない遅さ」です。
 「私、教室の先生と同じくらい早いのよ」と思って、安心していてはいけません。多くのレッスンプロは、仕立てを仕事にしている人と比べると激遅なのです。お教室のスピードと、仕立ての作業のスピードは、別次元です。そして、お教室の「まったりスピード」が身についてしまった人は、高速作業についていけないことが珍しくありません。教室スピードは遅いんだ、ということを知り、意識的に早い作業ができるように、日ごろから訓練しておくと良いと思います。特に、花材の下処理のスピードは、人が驚くくらいの高速を目指しましょう。

◇個人でプリザーブドフラワー作品を販売する

 ケーキ作り好きが高じて、ケーキ屋さんになってしまう人がいるように、プリザーブドフラワー製作を好きでいくつもこなしているうちに、売れるほどになるというケースもあるものです。
 本格的にお店を開き、自分だけの商品を並べたり、注文をとったりできたらステキなことです。それで採算を取るのは難しいですが、それを承知で苦労する気があるなら、挑んでいくのも一つの道です。
 しかし、もっと気楽に、「売れなかったら売れなかったでかまわない」くらいの気持ちでやるなら、委託販売オークションか、フリマの出品をしてみたらどうでしょう。

 委託販売は、「作品 委託販売」で検索すると、色んなサイトがヒットします。グーグルで検索するとこうなります⇒作品 委託販売 ネット上で委託販売してくれるところもありますし、実店舗で販売しているところもあります。
 委託については、私自身は使ったことが無いので、優良委託先などが案内できなくて申し訳ないです。これから委託販売しようと思われるなら、登録料や、手数料などを、事前によく確認することをおすすめします。
 また、いわゆる「委託販売」とは、少々異なってくるのですが、喫茶店とか、美容院などに商品を置かせてもらって、売り上げの何%かを上納するような契約を、独自に結ぶこともできます。営業する勇気の有る方は、飛び込みで交渉してみるのもいいでしょう。そこまでの勇気は無い方は、家族親戚・友人知人の中から、作品を置いてもらえそうな場所を持っている人を探して頼んでみることもできます。

 オークションは、なれた人なら実に気軽に出品できます。一番有名なのは、やはりヤフオク!でしょう。身近に、絶対に何人かは経験者がいると思うので、疑問点や使用した感触を人に聞くのも簡単です。
 あまりがっつりと「作家作品の販売」とするのが怖いと思ったら、まずは「個人が趣味で作ったものなので、ノークレーム、ノーリターンでお願いします」というところから出発してもいいでしょう。また、特に「自作を販売したい」という人ではなくても、たまってしまってどうしようもない作品群(月に3つも作っていたら、家中プリザ作品だらけになります)を、「欲しい人がいるなら……」という気持ちで出品しても良いと思います。
※プリザーブドフラワー作品は壊れ易いので、発送する際の梱包には十分注意しましょう。

 フリマは、シンプルに、出店を申し込んで、自分のスペースで当日販売するだけです。遊び半分くらいの気持ちで出ちゃってもいいので、友達と楽しんで出品するのも良いでしょう。あまり多く売れ残ると落ち込むかもしれませんが、値段を下げることに抵抗が無いなら、最後に投売りに突入して完売させるという手もあります。

 個人でプリザーブドフラワー作品を販売する際に、「待てど暮らせど、購入者第1号が現れない」のを防ごうと思うなら、とりあえず、一般的なプリザ商品よりも安いお値段帯で売ることをおすすめします。
 プリザーブドフラワーは、素人の方からすると、「生花じゃないくせに、こんなに高いのか」というお値段で売っているのが現状です。(私は、ちょっと高いからこそ、ギフト市場で生き残れたのだと思っていますが)ということは、買ってみようかなと思っても、値段を見て二の足を踏んでいる人が、世間には相当いるはずだと思います。そういう人を、まずはターゲットにしてみてはどうでしょうか。「安売りはイヤよ」という方には勧めませんが……。

◇お店を持とうという気概があるなら……

 フリマや委託やオークションでは物足りない、自分の店を持つんだ!という気概を持った方なら、本格的にショップを作ってしまうことももちろんできます。しかし、管理人自身にショップ開業の経験がありませんので、こればっかりは解説できません(私は、居ぬきで花屋をやってみないかと言われたことがありますが、熟慮の末に断念した奴です)。
 私がいくらか書けることがあるとすれば、ネット販売の情報になります。

 たとえば、私の知人は、【おちゃのこネット】 というネットショップ開業サービスを使い、アクセサリーのショップを開いています。運営状況をご本人に聞いてみたら、「うちは、少ない儲けだけど、赤字ってことは絶対無い。たまに、高額ものが売れると、とても助かる」と言っていました。この方の場合は、少なくとも運転資金に持ち出しは無いのです。
 「おちゃのこ」のように、ショップを出すお膳立てが出来ているサービスを利用すると、手軽で便利なことは間違い無いと思います。特に、サービスの月額料金が低いところだと(おちゃのこは月500円:2013年現在)、実際に金銭的なマイナスは発生し難いです。ショップにかける手間と時間が報われるかどうか、また、気持ち的にも報われるかどうかの問題になると思います。(ショップ運営を「楽しみ」と捉え、多少の持ち出しはOKくらいのつもりでやっている人もいます)

 もう少し本格的にやるなら、 カラーミーショップ というサービスがあり、こちらの方が「おちゃのこ」よりも有名でしょう。カラーミーショップは、独自ドメインで運営できます(※独自ドメインについては、当サイトのこちらの記事を参照ください)。
 もっともっと本格的に、月額で万単位の投資をしても良いと思うなら、Yahoo!ショッピングに出店することもできます。
 更に、「本職にしてプリザ・ネットショップで食っていこう」という決心をするなら、楽天市場にトライしてみることもできます(副業だと、出店の許可が出ないらしい)
楽天市場への出店のご案内は、こちら
→ネットショップ出店案内【楽天市場】お申込みはこちら

 上記のように、「出店作業がパッケージになっているサービス」もありますが、独自にレンタルサーバーを借り、ショップを構築することもできます。最近は、ブログツールなども利用できます。
 このように書くと、いかにも簡単にプリザ・ネットショップを開設して、採算を取るのも容易に思われるかもしれませんが、「開設」は容易でも、「売れる」ことは容易ではないとお考えください。誰にでも容易なものなら、私だって開設するでしょう。

 当サイトは、ショッピングサイトではないので、あまり参考にならないかもしれませんが、「うちのサイトはこんな風に作りました」という記事がこちらにあります→サイトの作成 でも、ビジネスとしてサイト作成している人間ではないので、それを前提にしてご覧ください。

◇そうは言っても、仕事にするなら正社員がいいですよ……

 ネットショップの開業のことまで書いてしまいましたが、「本当の話、プリザーブドフラワー業界で食っていくには、ナニが一番いいのか」という話しになりますと、私は、「メーカーでも、ショップでも、生花店でもいいから、とにかく正社員になれるところで働くのがよろしいです」と申し上げたいです。(長年、職人をやってきた人間の心からの提案です)

 求人情報を見てプリザーブドフラワーの仕事を探すなら、現在の状況では、求人件数からして少ないですから、こまめに、根気良く探されることをおすすめします。

 総合的に考えて、プリザーブドフラワーの仕事で高収入を得ることは難しいと思った方が良いです。有名なプリザコンクールの優勝者みたいな人でも、プリザの仕事だけで「世間一般よりも高収入」になれる人はほとんどいないのです。いや、プリザだけで食っていくことさえ難しいというのが現状でしょう。

◇プリザーブドフラワー関連の仕事をするためには、「資格」は必ずしも必要ではない

 プリザーブドフラワーを仕事にするに当たって、「まずは資格を取らなければ土俵にも上がれない」と考える方も多いと思いますが、私が思うに、プリザの資格は、仕事をするためには必須ということでもありません。
 たしかに、カルチャーセンターなどの講師募集に申し込む場合には、ディプロマ・免状の類が無いと厳しいですが(厳しいというか、「無理」に近いかな)、このページで紹介した仕事のうち、多くは資格無しでもできるのです。

 参考までに、このページで紹介した仕事を一覧にしてみると、

  • プリザーブドフラワー教室の先生……資格が無くても可能。でも、あった方が何かと便利。ちなみに、私はプリザの資格は無いのですが、一年に数回「特別プリザ教室」を開講します
  • プリザを販売するショップの店員……もちろん、資格無しでOK
  • プリザ花材メーカーの社員……もちろん、資格無しでOK
  • プリザ仕立て職人……資格無しOKの募集もあり。(雇う側が、部品組み立ての仕事みたいなものと考えている場合には、作成経験さえ不要の場合アリ)私は、たまにプリザを個人で納品しますが、上記のように、資格は持っていません
  • 委託販売……資格無しでOK。資格より、きれいに、魅力的に作れることが重要
  • オークション……資格無しでOK。資格より、きれいに、魅力的に作れることが重要
  • フリマ……資格無しでOK。資格より、きれいに、魅力的に作れることが重要
  • ショップ開設……資格無しでOK。資格より、きれいに、魅力的に作れることが重要

 このように、ほとんどが、資格は無くても可能なのです。でも、資格を取って、それを使ってうまく営業していけるなら、取って損はありませんし、素人を納得させる道具としては、資格というものはとても分かりやすいです。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.