◆どんな職種であれ、花屋さんに関わる仕事をしたいあなたへ

 花屋さんの仕事は、店頭で花を売ることだけではありません。花屋に勤めていても、事務の仕事しかしたことが無い人もいますし、花屋さんに雇われてWebページを作っている人もいます。また、流れてくるフラワーアレンジメントを延々箱詰めする仕事もありますし、母の日の受注電話の受信のみを行う仕事もあります。
 そのような、どんな形ででも、花を売る業界でぜひとも仕事がしたい、と考えているあなたに、私が今まで見た「店頭での製作・販売以外の花屋の仕事」を紹介してみようと思います。

スポンサーリンク

(1)大型の生花店には、事務職も必要

 花屋も、ある程度の大きさの法人になると、事務量も大きなものになります。販売員に、事務を兼任させるところもありますが、専用の事務員を置かなければ追いつかないお店もあります。日比谷花壇や第一園芸クラスの花屋なら、当然のように事務職が存在するはずです。
 花屋さんの事務職は、どういった仕事をするかと言えば、ほとんどの企業でも必要な仕事である「経理」「庶務」「広報・企画」「営業」などになります。
 おそらく、花の専門知識が無くても、日比谷花壇の経理は勤まるだろうと思います。(「母の日商品の企画」とか、「販売計画の作成」みたいなことになると、やはり花(特に、「売れる花」)を理解していることが必要になると思います)
 つまり、「花鋏よりも、電卓を操る方が得意」な人が、「ぜひ花業界で生きていきたい」と思ったら、電卓を得物にして経理部から乗り込んでくることもアリなわけです。べシャリが得意な人は、営業部から乗り込んでくれてもいいわけです。花が好きな人は、どんどん就活しちゃってください。
 ただし、よほど大きな花屋でないと、世間の平均年収を上回ることは難しいと思います。「それでもいいよ」あるいは「いやいや、自分が稼いで大きくしてやるよ」と言うなら、業界はあなたを歓迎します。

【参考】
シゴトinバイト 生花店事務職
ジョブセンス
リクルート派遣登録ネット
アルバイト・パート求人情報サイト【くるくるバイト】

(2)コールセンターのオペレーター

 カタログや、Webページでの通販を主にしているような花屋さん(昔は、こんなことは考えられませんでしたが……)の中には、受注専用のコールセンターを持っているところもあります。そして、コールセンターのオペレーターさんは、常時募集していることが多いです。バイト情報誌や、バイト情報サイトで、コールセンターのカテゴリで「花屋」「生花」「フローリスト」などのワードで探してみるとヒットすることがあります。
 私が気になるのは「大抵、常時募集している」ことでして……これは入れ替わりの激しい職場であることの証明のようにも思えます。つまり、「居つく人がいない職場なのかな」という気配がします。
 しかし、勤めたことが無いので、私の想像ですが、花ギフトの受注のコールセンターで、「クレームがつらい」「覚えることが多すぎて業務に付いていけない」ということは、あまり無いような気がするのです。なので、つらくて辞めるのではなくて、「稼げなくて辞める」パターンが多いのかな?という気がします。(あくまでも、私の想像です!)

【参考】
≪マイナビ派遣≫
リクルートスタッフィング

(3)Web製作

 これは、ごく最近に見かけるようになった分野です。今や、花屋さんもWebの方が稼ぎ易いような時代に入ってきまして、Webサイトの作成に、大きな力を入れているところが増えてきました。
 私は、花屋さんのオンラインショップは、「花屋から、Web製作の会社に製作を依頼する」というパターンが普通なのだと、つい最近まで思っていました。しかし、花のECサイトでWeb製作者を募集している求人を続けて見ることがあり、「花屋が、直にWeb屋を雇う」というパターンが普通になってきていることを知りました。(参考までに:私が、一番最近見かけたWeb製作者募集広告を出していた花屋さんはこちらです⇒花ひろばオンライン
 これも、自分は勤めたことが無いので分かりませんが、多分花屋さんがWeb職人さんに払えるギャラは、そんなに高くないような気がします(Webでものすごく儲けている花屋であれば違うかもしれません)。だとすれば、せっかくのWeb製作の知識を、もっと高く買ってくれる企業の仕事をした方が得策かもしれませんが……それでも、「花のショップ作ってみたいんだよね」という人は、一度花屋さんとおつき合いくださるのも経験のうちかもしれません。(美しい有機物を、いかに美しく見せて売るか、というページを作るスキルは高まると思います)
求人/転職/バイト/仕事探しなら ジョブリンクWork

(4)軽作業

 これは、意外に求人の件数があります。花屋さんの「軽作業」は、
●製作済みのフラワーアレンジメントの箱詰め
●発送用の鉢花の箱詰め
●決まりきった花束を延々作る
●一日中、菊の葉っぱを取る
などのことを指します。本職の花屋ほどの知識も経験もいらないけれど、「花商品の製作者の一人」と言えなくも無い仕事です。
 しかし、上記のような仕事のための軽作業要員を、一年中必要としている花屋は少ないです。つまり、母の日前とか、お歳暮シーズン前とか、お彼岸の週だとかに臨時で募集するようなことが多いです。
 同じ「臨時のバイトさん」であれば、花なんかどうでもいい人よりも、花に愛を持っている人の方が、細やかな仕事ができることもあるかもしれませんので、興味のある方は、上記のような花屋が忙しそうな時期の直前の頃に情報をチェックしてみてlください。
アルバイトan 軽作業(生花)

(5)花業界関連企業に勤める

 花屋ではないけれど、花業界に関係の深い業務内容の企業はたくさんあります。
 たとえば、植物貿易会社、園芸用品の開発、園芸用品のバイヤー、種苗会社などです。ホームセンターの勤務も、大手だと下手な生花店より多くの花の仕事ができるところもあります。
 早起きが得意な方なら、花市場、仲卸などの職もあります(私は未体験ですが、一説によれば、花屋よりも面白いそうですよ)。また、市場に出てくる前の段階、すなわち農場の生産者さんという職もあります。

【参考】
◆インディビジョン[転職]◆


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.