花の情報局別館 〈花のうつわ館〉 管理人所有の器を紹介します。

HOME花瓶・壷インテリアいけばな用花器花を生けられる食器|   |サイトマップ
HOMEインテリア > バッチャン焼風花瓶
バッチャン焼風花瓶

バッチャン焼のレプリカ ←ベトナムのバッチャン焼風の花瓶(たぶん)です。

 バッチャン焼というのは、ベトナムの民芸陶器で、左画像のような赤絵が有名です。ベトナム雑貨を扱うお店とか、ベトナム料理店とか、ベトナムの観光土産などでよく見かけます。
 左画像のものは、本物のバッチャン焼ではありません。「バッチャン焼風」に日本で作ったものです。購入したのは、新宿の高島屋でした。たしか、草月展を見に行ったときに、たまたま見つけて、なんとなく買ってしまったものです。値段は覚えていませんが、多分2〜3000円くらいでしょう。

 このうつわは、多分酒器を写しているんだろう、と思うんです。茶器かな?とも思ったんですが、やはり徳利的なものと考えた方が自然な感じがします。
 で、酒器だとしても、本気でお酒を入れるものではなく、「酒器をイメージした花瓶」なんだろうと思うんです。なぜなら、売っていた場所で、食器扱いされていませんでしたから。さらに言うなら、「一応、花瓶のように作ってあるが、まあこのまま飾っとけ」という商品であるように思います。口があまりにも小さく、それに対して器自体のフォルムは個性的すぎ、素人が無難に花を飾ることは、ほぼ想定していないように見えるからです。(だから、「花瓶」ではなく「インテリア」のカテゴリに入れてみました)
 もちろん、私はこのまま飾るつもりではなく、花を生けるつもりで買いましたが。

 今、この記事を書きながら、酒器かどうか少し不安になったので、「バッチャン焼」で色々検索して調べてみました。そうしたら、上の画像と同じ形の器は、一つも見つかりませんでした。見つかるのは、「酒器」でも「茶器」でも、急須みたいに蓋があるタイプのものばかりです。上の画像のような、「てっぺんに穴が開いてて、横に口のある徳利みたいなやつ」は一つも見当たりません。つまり、「定番の形を写した」というわけでもないようです。

 私は、この器の、でこぼこの多い形が気に入っています。きゅっと細い首。それに対し、ヘンに太い注ぎ口。丸く、ボリューム感のある胴。
 これに、どんな強弱対比を作ったら面白いだろうか、と、買ったときには思ったんですね。しかし、いざ生けようとすると、この器はなかなか難しい花器でした。
 一番の難関は、口が小さすぎることで、ほんの1〜2本くらいしか挿せません。
 ということは、逃げ隠れできない器なんですよね。非常に、生ける側のセンスと、空間意識を問うてくる器です。
 とりあえず、こんな感じに生けたりしています。
↓ ↓ ↓
【花材】エピデンドラム、サンスベリア



Copyright(C)2008.08.25-. 花のうつわ館.All Rights Reserved.