◆スイカの種をまいてみる

 私には、田舎の祖母の家の縁側でスイカを食べているときに、その辺に飛んだ種が、いつしか芽を吹いていたな……という、遠い遠い記憶があります。
 そのスイカの芽が最終的にどうなったのか、そこまでは覚えていません。祖母が抜いてしまったのか、あるいは発芽したものの、うまく育たなくて枯れてしまったのか……どっちにしろ、「縁側の脇で、立派なスイカに成長し、実が収穫できました」という結末ではなかったことは確かです。

 じゃあ、今、自分の家でスイカの種をまいてみたらどうなるのか、軽い気持ちで実験しちゃえ、と思いつきまして、ある日スイカの種を鉢に植えてみることにしました。

スポンサーリンク

◇何スイカだったか忘れてしまった……

※スイカの種まきをしたのは、この記事を書いている時点より数年前のことですので、色々忘れちゃっていることが多いです。記事のあちこちに、あやふやな表現が見られるのはそのためです。

 私の不確かな記憶によれば、私がまいたスイカの種は、実家から貰ってきたスイカからとったものでした。
 うちの実家では、買ってくるスイカは普通の大玉が多いんです。でも、もらい物は、小玉の方が多いんです。私に持たせてくれたのはどっちだったかな……。多分、大玉だったかなあと思うんですけど(両親は、スイカは大きい方がおいしいよね、という思想の人たちです)、ちょっと定かでありません。

 てゆーか、大玉のスイカと、小玉のスイカって、蔓の丈とか太さとか、違うんですかね。やっぱり、小玉スイカの方が全体的に小柄なのかしら。

◇スイカは、かなりテキトウにまいても、速やかに発芽する

 何スイカだったかは忘れましたが、私はとにかくスイカの種をまきました。スイカから、黒い種を取って、それをそのまま鉢に埋めるという、きわめてシンプルな方法でした。

 で、あっという間に発芽してきまして、こんな風に、芽が土から顔を出しました。
↓ ↓ ↓


 私は、双葉が立ち上がって開いてくるところが大好きでして、色々な種の発芽っぷりを見ては楽しんでいるのですが、スイカの芽は、かなりカワイイ部類に入ります。

 開いた姿が、またかわいいんですよ。双葉らしい双葉というんでしょうか。パカッと開いたところが非常にキュートです。


 スイカは、発芽率も良くて、うちでは100%でした。そりゃあ、縁側のそばに落ちたやつからも発芽する生命力ですから、当然ですね。

◇双葉から、本葉へ

 双葉は、かわいくて好きですけど、いつまでも双葉ではしょうがないわけで、本葉が出てくるとやはり嬉しいです。


↑双葉の真ん中から、小さな本葉が出てきています。
 その本葉が、もう少し育ったのが下の画像です。



 明らかに、「瓜一族」の葉っぱですね。

◇蔓が伸び、花も咲きました

 実は、ここから先は画像が一枚しかないんですけど……しかも、開花の画像じゃないんですけど、うちのスイカは、立派に花を咲かせました。

↓つぼみの画像までは撮ったんですよね〜。


 つぼみがまだ相当小さいときの画像だけど……。
 でも、ここからいくつもの、黄色い花が咲いたんですよ。うちのベランダ、日当たりがよすぎて、撮影コンディションが整わず、開花画像が残せなかったんです。ケータイの画像なら、しばらくブログに載せてたんですけど、それも「いかにもケータイ画像」で、あまり良い画ではなかったので、最終的には下ろしてしまいました。

 そんなわけで、開花の画像は無いんです。いかにも瓜一族の花でしたけどね。花の終わった後に、ほんの短い間だけ「結実するのか?」という様子になりましたが、すべて2〜3日で、首のところから落ちてしまいました。

 スイカの蔓は良く伸び、支柱が必要でした。スイカ畑は、蔓を地面に這わせてますけど、ベランダであれをやるわけにはいかなかったので、支柱で縦方向に育てました。花は、小さいながらも数はそこそこ付きました。毎朝、咲いている顔を見るのが楽しみでした。

 アリマキ被害は無かったと記憶していますが、「うどん粉」にはなりましたね。いや〜うどん粉って、本当に始末が悪いですよね。うちは、うどん粉には、白くなった葉を落として薬散布することにしていますが、2〜3回薬をまいたように思います。

◇「興味本位でまいてみる」程度の気持ちで育てるのが楽しい

 スイカは、食べれば必ず種が出ます。(一時、種無しスイカってありましたけど、淘汰されてしまいましたね。おいしくなかったのでしょうか)それは、普通はゴミになりますが、土にまいてみれば、立派なガーデニングになります。
 元々が「普通はゴミ」なのですから、八百屋で売っているような実を収穫することは難しいですが、植物が育って、花を咲かせ、その花の終わりと、植物自体の命の終わりまで見させてもらえれば、もうそれだけで十分ではないでしょうか。

 スイカとかゴーヤは、蔓が伸び、花が咲くまでに到るのが、比較的スピーディーでして、飽きずに観察することができます。また、蔓が目に見えるスピードで伸びていくのも、大変楽しいです。「これってどうなるんだろう」程度の実験精神で栽培にトライすると、結構良い楽しみになります。
 「八百屋で売っているみたいな実を収穫するんだ」というような、大きな野望を掲げるのもステキですが、「とりあえず、まいてみちゃえ」という精神の土いじりも、ステキな趣味だと思います。


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.