◆切花バラの実を植える その2……この種で発芽に成功した!

切花「バラの実」を植える の続きです。

◇種を取り出す

 前記事の画像の実を、皮を破って開きました。

 切花「バラの実」は、実がとても大きいので、種も大きいのかといえば、そんなことはありません。一つ一つの種の大きさは、むしろ小さめで、「小さいのがたくさん入っている」形式の実なのです。

↓実に、もっと寄ってみるとこんな感じです。

 茶色の小さな種が、白いケバケバに包まれています。

 こんな大きさの種です。


 実を言うと、私は最初に切花「バラの実」の種まきをしたときに、このような種の様子を見て、「腐ってるんじゃないのか?」と思ったことがあるのです。なぜなら、ノバラの種も、スズバラの種も、こんなに茶色くはないからです。

 スズバラの種との比較が、下の画像です。(左:スズバラ 右:バラの実)


 しかし、そう思ったのは前年のことでして、その年には「腐ってるんじゃないの?」と心配した種からちゃんと発芽した事実を見たわけですから、二年目の種まきは、色で不安になるようなことはありませんでした。

》》切花「バラの実」を植える その3 に続く


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.