◆サンキライの実生 その4

 サンキライの実生 その1 その2 その3の続きです。

◇2012年9月

↓前のページの画像から、二ヵ月後の画像です。
2012.09.01

 やっとトレリスにからめることができるようになってきました。(支柱やトレリスなどを立てると、早く絡めたくて仕方なくなりません?)

 上の画像をよく見ると分かるんですけど、うちでは一つの鉢に、2株のサンキライを植えています。本当は、このくらいの鉢なら1株にした方が良いのだろうと思ったのですが、「そこまで育ってくれるか分からないし、これ以上鉢が増えるのも嫌だ」という理由で、二株植えつけてしまいました。ここまで育ってみると、「一株でよかったかな……」という思いがよぎったりもするのですが、まあやっちゃったので、このまま育てていくつもりです。

 サンキライが育つのを見ていて、不思議に思うのは、開いたばかりの若い葉に、シミみたいな斑があることです。

↓茶色いシミみたいなものが出ています。
2012.09.01

 最初は、次々出てくる葉が全部シミシミだったので、私は相当がっかりしたのです。蔓が増えてきたら、たまには切っていけばなに使おうと考えて育て始めていたので、なんとなく汚い葉しか出てこないのが、本当に残念でした。
 しかし、このシミシミの葉っぱが、しばらくしてシッカリしてくると、シミが消えてきれいなグリーンになってくるのですね。そういうシステムだとは知りませんでした。

↓シミシミの葉が、こんな風にきれいなグリーンになります。


 この続きは、花の情報局のblogで公開しています→花の情報局のblog:サンキライ


Copyright(C)2004.09.15-. 花の情報局.All Rights Reserved.